注目キーワード
  1. 藤井風
  2. official髭男dism
  3. 星野源
TAG

転調

『er-music.jp』に掲載されている転調する楽曲一覧です。

  • 2021年11月16日
  • 2021年11月24日

【何なんw/藤井風】コード進行と分析

今でも伸びるYoutubeの再生回数が、とうとう2,000万回に近づく「何なんw」 タイトルのかわいらしさとは裏腹に、グルーヴィーでごりごりの音楽的アプローチに強いギャップ感を覚える楽曲ですね。 この曲のすごさを、コード進行を軸にひも解いていきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧くださ […]

  • 2021年10月7日
  • 2021年11月21日

【コーヒーとシロップ/Official髭男dism】コード分析と解釈

Official髭男dismの2枚目のミニアルバム「MAN IN THE MIRROR」の2曲目に収録されている楽曲。 メジャーデビュー前の初期の楽曲とは思えない、ハイセンスなコードワークについて紐解いていきます! ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解が […]

  • 2021年9月14日
  • 2021年11月21日

【燃えよ/藤井風】コード進行と分析

YOUTUBEで生配信された『Fujii Kaze “Free” Live 2021』 そこで披露された新曲「燃えよ」。 強い情熱と、混沌とした現代にメッセージを残しているかのような一曲で、曲のまま踊り狂うというよりは、聞いているこちらも真剣に見入ってしまいました。 今回はこの楽曲のコード進行を分析していきます。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相 […]

  • 2021年8月24日
  • 2021年11月21日

【アポトーシス/official髭男dism】コード進行と分析

Apple Musicのドルビーアトモスによる空間オーディオのCMで見かける、official髭男dismの『アポトーシス』。 えるるん AppleMusicでは、現在新しい音楽体験「空間オーディオ」を追加料金なしで利用することができます。 詳しくないので表現は難しいですが、「プログラムされた細胞死」を意味する「アポトーシス」という言葉。 避けられない運命のような悲しくも、力強いメッセージ性を感じ […]

  • 2021年8月21日
  • 2021年11月21日

【HADASHI NO STEP/LiSA】コード進行と分析

LiSAさんの歌う、ドラマ『プロミス・シンデレラ』の主題歌、HADASHI NO STEPのコード進行を見ていき分析してみましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 >>ダイアトニックコードについて 全 […]

  • 2021年6月22日
  • 2021年11月30日

【きらり/藤井風】コード進行と分析

今回は、藤井風さんの『きらり』を分析していきます。 『ホンダ ヴェゼル』のCMソングに起用された楽曲です。 曲の爽快感と楽しくも涼し気な映像が最高にマッチしていて、青春のようなきらめきが感じられました。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽 […]

  • 2021年1月12日
  • 2021年11月21日

【ゴールデンタイムラバー/スキマスイッチ】コード進行と分析

アニメ『鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST』のオープニングとして起用された一曲。今回は、スキマスイッチの「ゴールデンタイムラバー」を分析していきしょう。 スキマスイッチの二人曰く、自曲の中で最も歌詞が長い曲だそうです。麻雀をテーマに作られた曲で、歌詞の中にはギャンブルに関する単語や言い回しが多用されています。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様 […]