ダブルドミナント(ドッペルドミナント)とは?コード進行がぐっと明るくなる

ダブルドミナント(ドッペルドミナントとも言う)は、コード進行上でのあるコードの呼び名です。ジャンル問わずよく使われています。

ダブルドミナントという固有の呼び方がありますが、セカンダリードミナントの一種です。
セカンダリードミナントから先に理解したい方はしたの記事をご覧ください。

ダブルドミナントとは

ダブルドミナントとは、ダイアトニックコード上の通常のドミナント(CメジャーキーでいうG)を一時的なトニックと見立てた際にドミナントに当たるコードです。

例えば、Cメジャーキーでは主音Cの五度上のG(あるいはG7)がドミナントに当たります。ダブルドミナントは、Gからさらに五度上のD(あるいはD7)になります。

ダブルドミナントの図説

えるるん
ドミナント(プライマリードミナント)に対するドミナント(セカンダリードミナント)がダブルドミナント!

Ⅱmをメジャーに変えたもの

ダブルドミナントは、ダイアトニックコード上のⅡmがメジャートライアド(あるいはセブンス)に変化したものです。

ダブルドミナントの図説2

Ⅱmのローマ数字について

ダイアトニックコードは、主音がルートのコードから順にローマ数字で番号をあてることで、どのキーでも、関係性を理解しやすくなります。例えばCメジャーキーでの一番目のコード(Ⅰ)はC、二番目のコードはDm(Ⅱm)です。これをGメジャーキーで言えば1番目(Ⅰ)がG、2番目(Ⅱm)がAmです。ダブルドミナントはⅡmがメジャーになったもの(Ⅱ)ですので、CメジャーキーであればCコード、GメジャーキーであればAコードと簡単にわかります。

ドミナントへの進行を予感させるコード

通常のドミナント(V)やダブルドミナント(Ⅱ)などの、ドミナントと言われるコードは4度上のコードへコードが進行することを予感させます。
そのため、Vの場合はⅠへⅡの場合はⅤへ進行しやすくなります。
VやIIを、V7やII7のようにセブンスコード(ドミナントセブンスコードという)に変えると四度上へ進行する力が強まります。
必ずしも、四度上に進む必要はなく、別のコードに進むこともよくあります。

ダブルドミナントが使われた楽曲例

ダブルドミナントがどのように使われているのか、JPOP有名曲のコード進行から見ていきましょう。

  • HANABI/Mr.children
  • 元気を出して/竹内まりや

HANABI/Mr.children

キーはD♭メジャーで、本来のドミナント(V)はA♭に当たります。

3小節目のE♭7(II7)がダブルドミナントに当たり、A♭へそのまま進行しています。

HANABI楽譜

 

元気を出して/竹内まりや

キーはCメジャーで、本来のドミナント(V)はGです。
Aメロの3小節目D7(II7)がダブルドミナントに当たります。

楽譜(元気を出して)

特徴的なのは、4小節目でベース音がGへ動いていますがコードは『Dm7→G7』と進行しています。
このように、ダブルドミナントの後にIIm7→V7のようなツーファイブと呼ばれるコード進行を差し込むパターンはよくあります。

ダブルドミナントの使い方

前章で紹介したダブルドミナントの使用例を参考にダブルドミナントの使い方を考えていきましょう。

「コード進行にどうやって組み込むのか」「どのように組み込むのか」イメージを持てるよう解説いたします。

ダブルドミナントの使い方

  • Vに向かうⅡmをダブルドミナントに変える
  • Vの前にダブルドミナントを挿入する
  • ダブルドミナントの後にIIm→Vを入れる
  • VImの後にダブルドミナントを入れる

Vに向かうⅡmをダブルドミナントに変える

コード進行の中でIImにあたるコードを強引にダブルドミナントに変える方法です。

もともとダブルドミナントが使われていない以下のようなコード進行に、ダブルドミナントを組み込みます。

ダブルドミナントの使用例

Vの前にダブルドミナントを挿入する

先程はIImをIIに変換しましたが、IImがなくてもVの前であれば挿入しやすいです。

ダブルドミナントの使用例2

えるるん
ダブルドミナントが入るとVへの進行を予感させる。そこで、あえてVに進まないのもアリだよね!いい意味で聴者の期待を裏切り、ハッ!とさせられる!

ダブルドミナントの後にIIm→Vを入れる

挿入したダブルドミナントの後すぐにVへ進まずに、IIm→Vの進行をとるケースがよくあります。

前章で例に挙げた『元気をだして』がこのような進行をとっていました。

ダブルドミナントの使用例3

VImの後にダブルドミナントを入れる

最後はダブルドミナントを入れる前のコードにも気を使ってみましょう。

よく見るコード進行として『VIm→II→V』があります。

ダブルドミナントの使用例4

VImのもつ暗さをダブルドミナントで跳ねのけるようで、陽気さを感じます。

発展!
VImのルート音だけ半音ずつ下がっていく進行(クリシェ進行)でより暗い雰囲気を演出し、そのあとにダブルドミナントを入れることで、明暗の差が強いドラマッチックなコード進行に!
ダブルドミナントの使用例5

まとめ:ダブルドミナントを自由に使おう

ダブルドミナントは、ドミナントを一時的なトニックと見立てた際のドミナントに当たるコードでした。
『ドミナントに対するドミナント』と言い換えることもできますね。

また、通常のドミナント(V)はプライマリードミナントと呼ばれていて、ダブルドミナントのようなその他のドミナントをセカンダリードミナントと呼びます。

関連記事

ダイアトニックコードを知っていると以前よりも簡単に作曲を行うことができますが、そればかりに頼ると単調な曲になってしまうこともあります。 そこで、表現力や独自性を広げる一つの手段としてダイアトニックコードでない、『ノンダイアトニックコード』[…]

この記事では、ダブルドミナントが使われた楽曲や使い方を紹介しましたが、必ず同じようにする必要はありません。
まずは自由にダブルドミナント(II)を取り入れてみましょう。