メジャーコードとマイナーコードの違いは2番目の音?曲の中でのも解説

楽器を演奏する方にとってメジャーコードとマイナーコードの意味を区別することは大切です。

中でもギターを弾く人は、「コード表」や「コードダイアグラム」といったもの目にする機会が多いため、その違いを知っておくことで、今よりもっと演奏が楽に、楽しくなるでしょう。

今回は、『メジャーコード』と『マイナーコード』がどういったものか、その違いについて解説していきます。

『コード』についておさらいしておこう!
2つ以上の音の重なりをコード、もしくは和音と言います。
基本的には3つから4つの音の重なり(3和音から4和音)を指すことが多く、コード表で『C』のようなアルファベット一文字で書かれているものは3和音を指しています。
こうして複数の音が重なって響くことで音にも表情が現れ、さらに楽曲に雰囲気をもたらしてくれます。コードの音の重ね方にはルールがあり、2つ目の音の違いによってメジャーとマイナーという違いが現れます。
それでは解説していきます。

メジャーコードについて

今回は、3和音(トライアドコード)を基本として解説していきます。

メジャーコードは、『ルート音(完全1度)・長3度・完全5度』の3音で構成されたコードで、明るい響きが感じられるコードです。
ルート音から見て半音となりが短2度、全音となり長2度、さらに半音進むと短3度…のように数えていきます。

参考記事:【音程とは】音の間隔を表す『度数』を知ろう!

例えば、ドを主軸(ルート音)に考えると『ド・ミ・ソ』がメジャーコードの構成音になります。

ドは英語の表記でCと書きますので、この3和音は『Cメジャーコード』になります。

えるるん
ルート音は、『根音』ともいうよ!

コード表での表記

コード表では、下のようにメジャーコードはアルファベット一文字で表現されます。
読み方も「メジャー」の部分は省き、「Cコード」のように話すことが一般的です。(個人差があります。)
コード表のメジャーコード

この後に『m』とついていればマイナーコード。
『7』とついていればセブンスコード(4和音)。
『m7』とついていればマイナーセブンスコードです。

セブンスが付く際の注意点

えるるん
中には『CM7』のように、メジャーを表す「M」がついている場合があるけど、これは4つ目の音である7度の音が短7度であるか、長7度であるかを示したもの。
ここまで解説してきた『メジャーコード』『マイナーコード』の定義には関係のない部分になるよ!
マイナーコードに『M7』が付くこともあって、この場合は『例:CmM7(シーマイナーメジャーセブンス)』という表記になります。
セブンスの表記は、短7度の場合の『7』と長7度の場合の『M7』しかありません。
逆に、『メジャーコード』か『マイナーコード』の区別には『m』のみが使われます。
大文字Mの『メジャー』が出てきたら7の話。
小文字mの『マイナー』が出てきたら3和音のメジャーかマイナーかの話をしていることになります。

マイナーコードについて

マイナーコードは、『ルート音(完全1度)・短3度・完全5度』の3音で構成されたコードで、暗い響きが特徴のコードです。

ドをルート音として考えてみると、『ド・ミ♭・ソ』が構成音になり、コード表ではCmと表記されます。

コード表での表記

メジャーコードではアルファベット一文字で表現されますが、マイナーコードの場合は、その後ろに小文字の「m」が付きます。
小文字のmと、大文字のMを間違えないよう気をつけましょう。

マイナーコード

えるるん
ここまでの解説に『長・短』や『メジャー・マイナー』といった用語が出てきたけど、長=メジャー』『短=マイナー』という意味になるよ。
長3度のことは「メジャーサード(M3rd)」、
短3度のことは「マイナーサード(m3rd)」とも言ったりするね!
だから、メジャーコードは長3度を使うし、マイナーコードには短3度を使うんだ!

楽曲作りにおいての使いわけ

ここまで、単にメジャーコードは明るく、マイナーコードは暗いと表現してきました。

根底には、こうしたコード毎の性格の違いがあるのは確かなのですが、明るい曲にもマイナーコードがありますし、暗い曲にもメジャーコードは使われます。

楽曲制作では、コードの進行が大切になり、それによって明るさ・暗さだけでなく、希望的か、悲しげか。などその曲に物語が現れます。

例えば、多くの人が『雨』に対し暗いイメージを捉えているとします。
雨単体では暗く感じるかもしれませんが、そこにコード進行のようなストーリーがあると一変します。
「長く続いていた雨がだったが徐々に晴れ間が出てきて、神々しい光が差し込んできた。」
となれば、希望感があり、一歩踏み出せるような明るい雰囲気を感じられます。

マイナーコードも使われる明るさ感じるコード進行

例えば、下のようなコード進行はマイナーコードが多く使われますが、明るく、楽しそうで、前に進んでいくような雰囲気が感じられます。

C Dm7|E7 Am7|Dm7 G|C
このことから、コード進行においては、暗いコードも明るく感じることができるのです。
ちなみに、このコード進行はキーこそ違いますが『もう恋なんてしない/槇原敬之』のイントロで使われています。
「イントロは明るく、Aメロは暗くと…」曲全体で恋愛の複雑さや悲しさ、ロマンチックな様子などが感じられ、始まりから終わりまでで物語が表現されてます。
えるるん
『コード進行』ではその時の情景や感情を表現することができる。
そのコード進行内で使う『コード』はその感情の深度や、顔の表情、世界感の色味など、微細な表現ができるんだ!

まとめ

コードは、Root音からそれ以降の音がどれだけ離れているかを度数で表記します。
Root音からの距離が長い明るい3度のことを”長3度”、Root音からの距離が短い暗い3度を”短3度”と言います。

要は、コードの2番目の音(3度の音)の半音の違いが、コードの明るさや暗さを決定します。

分かりやすくピアノで音程を数えてみると、
メジャーコードは「Root音から2つ目の構成音までが2音差、Root音から3つ目の構成音までが3音半差」になり、
マイナーコードは「Root音から2つ目の構成音までが1音派半差、Root音から3つ目の構成音までが3音半差」になっています。
メジャーコードと比べマイナーコードは、真ん中の音が半音低くなっています。
半音というわずかな違いですが、これによって”コードの響きは大きく変わる”のです。