【ヒロメネス/Mashumairesh!!】コード進行と分析

TVアニメ「SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!」の主題歌『ヒロメネス』。 ロックサウンドと疾走感が爽快で、希望的な様子が感じられる楽曲です。 さらなる魅力を、コード進行を中心に分析していきます。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解がある […]

【鯨の唄/Mrs. GREEN APPLE】コード進行と分析

アーティスト名と同じアルバム『Mrs. GREEN APPLE』に収録の『鯨の唄』。 サビまで聞いてみると、壮大感と、開放感を強く感じる一曲です。 コード進行を見てみると、サビのインパクト増幅させる工夫が見えてきました。 今回は、『鯨の唄』を分析していきます。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧 […]

【おにごっご/優里】コード進行と分析

  ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 >>ダイアトニックコードについて 全体を通して イントロのない楽曲で、いきなりAメロから始まります。 BPM76のテンポが、ゆったりと歩いている様な速度感と […]

【distance/Mr.Children】コード進行と分析

Mr.Children、2ndアルバムKind of Loveに収録の『distance』。 1992年でシングルカットではなため、知る人ぞ知るところではありますが、リアルな情景が浮かぶ繊細で素敵な楽曲です。 コード進行を軸にこの曲の魅力を分析していきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご […]

【Love, Day After Tomorrow/倉木麻衣】コード進行と分析

倉木麻衣のデビュー曲『Love, Day After Tomorrow』。 CM等のタイアップ曲でないにも関わらず、140万枚の大ヒットを果たした楽曲です。 この曲の魅力を深掘りしていきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめる […]

【エンディング/back number】コード進行と分析

2012年発表のback numberの楽曲『エンディング』。 同年には、『わたがし』や『青い春』等がリリースされており、徐々にテレビを通してback numberを知る方が増えていった頃でしょう。 今回は、back numberの隠れた名曲『エンディング』の良さをコード進行中心に分析していきます。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も […]

【死ぬのがいいわ/藤井風】コード進行と分析

2020年にリリースされた藤井風さんの1stアルバム『HELP EVER HURT NEVER』の収録曲。 2022年9月には、Spotifyのグローバルデイリーバイラルチャートで最高4位を記録しています。 今回はそんな世界的にも評価された楽曲『死ぬのがいいわ』を分析していきます。 この楽曲は、優しい雰囲気を感じさせるメジャーキーのAパート(verse)と、切なく悲しげな雰囲気を感じさせるマイナー […]

【Vinyl/King Gnu】コード進行と分析

16分のシャッフルを感じるハネたノリと、HIPHOPライクなサウンド、ギターのリフが特徴的な楽曲。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 >>ダイアトニックコードについて イントロ   サイレンが鳴 […]

【錯乱/椎名林檎】コード進行と分析

椎名林檎のアルバム『平成風俗』に収録の『錯乱』。 コード進行などから魅力を紐解いていきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 >>ダイアトニックコードについて 全体を通して アップテンポなスウィング […]

【ダンスホール/Mrs.GREEN APPLE】コード進行と分析

ギターのオクターヴ奏法によるカッティングや、8分裏のシンコペーションやキメ、賑やかなホーンセクションなどがモータウンへのリスペクトを感じさせる楽曲です。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 >>ダイアトニッ […]