【distance/Mr.Children】コード進行と分析

Mr.Children、2ndアルバムKind of Loveに収録の『distance』。
1992年でシングルカットではなため、知る人ぞ知るところではありますが、リアルな情景が浮かぶ繊細で素敵な楽曲です。

コード進行を軸にこの曲の魅力を分析していきましょう。

ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 >>ダイアトニックコードについて

全体を通して

全体的に暗い印象を感じる楽曲で、「夜の様な暗さ」や「寂しさ」「虚しさ」を感じます。

サビでも大きな盛り上がりがなく、平坦な曲にも捉えられます。
しかし、その「盛り上がらない」「感情が昂らない」ところに、立ち止まっている様な、いつまでも先に進んでいかない様な心情を感じさせられます。

えるるん
一曲を通して、主人公が成長をしていく曲や、未練を断ち切って前向きに進んでいく様な曲もある。
でもこの曲は、先に進まない。答えが見つからないままでいる様に感じたよ。

イントロ

イントロ楽譜

暗く響き『Dm7』から始まるコード進行ですが、四和音(セブンスコード)とテンションコードが使われているため、そこまでずっしりとした暗さではありません。

ここに、ギラギラしたギターサウンドが加わると、「街の光に灯された静かな夜」の様な情景を感じられました。

また、『Dm7』と『BM9』が使われていますが、この2つのコードの違いはベース音のみです。

コード 構成音
Dm7 D,F,A,C
B♭M9 B♭,D,F,A,C
コードの変化が少なく、前に進んでいく様な推進力がありません。

この部分の解釈

7小節目からはバンドインするので、何か進み出した様です。
8ビートでしっかり刻まれているため、歩いているような速度感ではなく、車に乗って進んでいる様にも感じるのではないでしょうか。

さながら夜のドライブなのですが、『Dm→BM9』の進行は構成音の変化がなく停滞感があります。
心地のいいスムーズなドライブではなく、少し重たい雰囲気に包まれます。


最近の楽曲になりますが、藤井風の『きらり』は、とってもスムーズで心地いいドライブをしている感覚があります。
四つ打ちのリズムはもちろん、コードチェンジの多さと、4度進行やドミナントモーションなど推進力のあるコード進行が肝になっています。

対比すると、『Distance』にある工夫がより見えてきますね。

関連記事

今回は、藤井風さんの『きらり』を分析していきます。 『ホンダ ヴェゼル』のCMソングに起用された楽曲です。 曲の爽快感と楽しくも涼し気な映像が最高にマッチしていて、青春のようなきらめきが感じられました。 ここからの内容は、er-m[…]

Aメロ

Aメロ楽譜

1~4小節目【Fadd9→B♭add9】

先ほどの暗い雰囲気とは違って、明るさがあります。
ただ、add9コードとすることで、少し輪郭がぼやけたフワッとした雰囲気にも感じます。

この部分の解釈

歌詞を見るとどうやら別れる寸前のカップルの様です。
最後のドライブだとお互いにわかっていながらも、心地よさも感じているのでしょうか。

暗さの中に、こうしたフワッと明るい雰囲気がまじると、とても叙情的に感じますね。

5小節目【Gm7(11)】

『Gm7(11)』とテンションコードが出てきましたが、テンションの11thはC音です。
C音は、前の小節『Fadd9』の5th、『B♭add9』の9thと共通した音です。

コード 構成音
Fadd9 F,A,C,G
B♭add9 B♭,D,F,C
Gm7(11) G,B♭,D,F,C

常にC音を鳴らし続けているため、こうしたテンションコードとなっている様です。
ここでのC音の様に、コード進行のなかで持続された音をペダルポイントと言います。

6小節目【Gm7/C】

『Gm7/C』は、手前のコードGm7のルートのみをCにしたものですが、ドミナントセブンス(C7)の代理としてよく使われます。

ドミナントセブンスは、とても緊張感のある響きをするため、安定した『F』コードへ進もうとする力を持ちます。
『Gm7/C』とすることで、その力は少し弱まります。

また『Gm7→Gm7/C』とすれば、コードの変化も限定的なので、躍動感はない落ち着いた印象となります。

この部分の解釈

1小節目から(折り返しの8小節目からの方がテンションが聞こえやすい)『Fadd9→B♭add9→Gm7(11)』とペダルポイントを使って。『Gm7(11)→Gm7/C』ではオンコードを使って、コードの変化を限定的にしています。

また、Fへ進む力が少ない『Gm7/C』で『F』に帰結するので、なんともゆったりとしたセクションとなっています。

もし主人公に未練があるとすれば、今一緒にドライブしている時間に心地よさを感じていて、「この時間を終わらせたくない」とあえてゆっくりと車を進めている様にも感じられました。

Bメロ

Bメロ楽譜

1~4小節目【Dm7→B♭M9】

イントロでも使われていたコード進行です。

ここでのメロディーは、4部音符で上下の跳躍が激しいものとなっています。
何かを訴えている様な力強さを感じます。

7~8小節目【B♭M9→C7→C#dim7】

Fメジャーキーの中での『B♭→C7』の動きは、次に『F』へと進むことを期待させます。

しかし、『C#dim7』に進み、サビ頭は『Dm7』に進んでいます。
聴者は、いい意味で期待を裏切られました。

『C#dim7』は、C7とDm7の進行をスムーズにするためのパッシングディミニッシュと、Dm7に対するドミナントの役割をになっています。
C#dim7は、Dm7からみたドミナントであるA7と構成音が近しいためです。(A7♭9がより近い)

コード 構成音
C#dim7 C#,E,G,B♭
A7♭9 A,C#,E,G,B♭

この部分の解釈

『F』は安定感があって明るいコードですので、この一瞬は「明るく盛り上がるサビがくる!」と感じられるのですが、『C#dim7』で裏切られます。

思い通りにはいかない様子が感じ取れます。

サビ

サビ楽譜

サビとしていますが、「Bメロよりも盛り下がった」と感じる人も少なくないでしょう。

一度は心地いAメロがきて、力強さを感じるBメロが来て、でもサビは結局盛り上がれなくて…
この構成だけでも、今の恋愛がもう前に進んでいかない様な、力無さ、切なさを感じます。

えるるん
迫力こそないサビだけど、1小節に2個のコード、8部音符が詰められたメロディーには、他の小節よりも『動き』を感じる。
これが絶妙に、辛うじてのサビらしさを演出してる!

1~2小節目【Dm7→B♭add9→Csus4→Am7】

『Dm7→B♭add9→Csus4→Am7』のコード進行の原型は、おそらく小室進行でしょう。

小室進行は、『Dm→B♭→C→F』の進行ですが、『F』を代理コードの『Am7』に置き換えて、明るさや落ち着き感を排除している様です。

コードにadd9やsus4がつくのは、F音とC音を固定持続させているためです。
これもAメロで解説したペダルポイントです。

コード 構成音
Dm7 D,F,A,C
B♭add9 B♭,D,F,C
Csus4 C,F,G

3~4小節目【Dm7→B♭add9→Csus4→A7】

1~2小節目との違いは、最後の『A7』だけですね。

『A7』は、Dmをトニックとしてみた際のドミナントコードです。
この楽曲をFメジャーキーと捉えるならば、セカンダリードミナントといいます。

ドミナントセブンスコードかつ、ノンダイアトニックな音が含まれるため非常に緊張感の高まるコードです。

えるるん
このサビは基本『Dm7→B♭add9→Csus4→Am7』の繰り返しで構成されているから、『A7』は予定調和が崩れた様な衝撃がある。

7~8小節目【B♭add9】

明るくもフワッとした『B♭add9』が2小節続いています。

サビに入ってこれまでに感じた、暗さ、寂しさ、不安定感が徐々に安らいでいく様にかんじます。

9~10小節目【B♭add9/C】

B♭add9からルートだけがCになったコードがあらわれます。

このコードは、Aメロで出てきた『Gm7/C』と同様に、ドミナント(C7)の代わりとして働きます。

この部分の解釈

ここでも、コードの変化が少ないため、ガツガツとしていなくゆったり感じます。
なんだか穏やかな気持ちが垣間見えますね。

また、『暗いサビ→暗い間奏』と進んでいくので、飽きさせないための気分転換的にも大切な部分です。

ちなみに、『B♭add9/C』は言い換えれば、『C7sus4』です。
ただここでは、コードが進まない様な停滞感を求めていると感じたので、『B♭add9/C』と書き起こしました。

まとめ

暗い雰囲気と、時々見られる穏やかな感情を表すような表現に、切なさを感じます。

サビで爆発的な盛り上がりを見せる曲ではないため、なんだか平坦で、感情の動かない楽曲だと捉える方もいるでしょう。
ただそこに、「心が立ち止まっているような」様子を感じました。

別れる彼女を家に送る途中でしょうか。
『最後の時』となると、なんだかエモーショナルだけど、ボーっとしてしまう経験はないでしょうか。
この曲の平坦さ、ゆったり感は、そうした感情を繊細に映しているようでした。

音楽サブスク徹底比較!無料期間でたのしもう!

CTA-button