ダイアトニックコードとは?全キー対応の一覧表ですぐに使える

音楽の解説を見ていると、どうやら『ダイアトニックコード』という概念が重要であることがわかります。
この記事でダイアトニックコードを理解し、作曲や演奏のレベルを向上させましょう!

この記事の内容

  • ダイアトニックコードとはどんなもの?
  • ダイアトニックコードは3和音と4和音、メジャーキーとマイナーキーのものがある

ダイアトニックコードとは

ダイアトニックコードとは、曲のキー事に決まっている『違和感なく使いやすいコード』です。
一つのキーに対し、7つのダイアトニックコードがあり、それらをある程度無作為にならべても自然に聴こえます。
それぞれのコードには特徴や役割があるので、それらを意識して作ることでより自然でスムーズなコード進行を作ることができます。

例えば、キーCのダイアトニックコードは『C , Dm , Em , F , G , Am , Bm♭5』となります。
コードは大きく分けて、3和音(トライアド)と4和音(セブンスコード)の2種類ありますので、先ほどの例を4和音に変換することもできます。

えるるん
例えば、キーCの4和音ダイアトニックコードは『CM7 ,  Dm7 , Em7 , FM7 , G7 , Am7 , Bm7♭5』となるよ!
ごちゃごちゃになってしまうから、まずは3和音で理解していこう!

後ほど詳しく解説しますが、キーの主音(この場合C)から順に、ローマ数字で番号がふられます。

キーCのダイアトニックコードの画像

ダイアトニックコードだけで作られている曲は多く、そうでない楽曲にもほぼ必ずダイアトニックコードは存在します。

えるるん
逆にダイアトニックコード以外のコードはノンダイアトニックコードと言いって、そのキーの中で違和感のある響きがするよ!

先ほどは、キーCのダイアトニックコードを例として紹介しましたが、CからBまで12のキーが存在するので、これらをすべて丸暗記するのは大変です。
ただ、「ダイアトニックコードがどのようにしてできるのか」「ダイアトニックコードの規則性」を知れば暗記の手間を省くことができます。

ダイアトニックコードはスケールからつくられる!

ピアノを見ればわかるように『ドからシ』まで、全12種類の音がありますが、これらをある規則で7つの音に絞ったものがダイアトニックスケールです。

ダイアトニックスケールに関しては下の記事をご覧ください。

関連記事

「○○スケール」に「△△スケール」スケールという言葉は何種類もあって、何が何を指しているのか最初は混乱をしてしまいます。 この記事で解説する『ダイアトニックスケール』は、数あるスケールの大きなくくりとなる重要な概念です。ダイアトニックスケ[…]

ダイアトニックスケールってどんなもの

例えば、キーCのダイアトニックスケールは『ドレミファソラシ』の7音です。ちょうどピアノの白鍵のみになります。

スケールの音を一つ飛ばしに3音(または4音)重ねると、コードができます。
Cコードは主音がC(ド)なので『ド・ミ・ソ』の3音でつくられています。

Cコードの組み立て方

同じ要領で、スケール上の残り6音すべてからコードを作ると、ダイアトニックコードが完成します。

ダイアトニックコードを規則性で覚えよう

スケールからダイアトニックコードがつくられるので、ダイアトニックコードの主音はいずれもスケールの中の音になります。
まずはメジャーコード、マイナーコードを考えずに、コードを並べてみるとイメージが付きやすくなります。

 

キーC(Cメジャースケールの場合)
スケール音C(ド),D(レ),E(ミ),F(ファ),G(ソ),A(ラ),B(シ)
コードCコード,Dコード,Eコード,Fコード,Gコード,Aコード,Bコード

次に、どのコードがメジャーでマイナーか。コードの種類を割り当てることができれば簡単にダイアトニックコードを知ることができます。

まずは、先ほどのCメジャーのダイアトニックコードを見てみましょう。

キーCのダイアトニックコードの画像

ダイアトニックコードは、どのキーでも同じように音を積み上げコードを作るので、コードの種類(メジャーかマイナーetc.)は変わりません。

上にローマ数字(ⅠやⅡm)で表記されているように、どのキーでも一番目のコードはメジャーで、2番目はマイナー…となります。
例えば、Dメジャーキーでのダイアトニックコードは以下のようになります。
コードネームは変わりますが、メジャーマイナーの順番は変わりません。

Dのダイアトニックコード

ですので、このメジャーマイナーうんぬんの順番を覚えてしまえば、あとはスケールと照らし合わせるだけになります。

えるるん
呪文のように覚えてしまおう!
メジャーマイナーマイナーメジャーメジャーマイナーマイナーセブンフラットファイブ!」

ダイアトニックコードが自然に聞こえる理由

ダイアトニックコードが曲の中で自然な響になるのは、すべてがスケール内の音で構成されているからです。
言い換えると、ダイアトニックコード以外のコードは基本、スケール外の音が使われていることになります。

Cメジャースケール(ドレミファソラシ)の中で、F#の音を使ったらどうでしょう?
不自然に聞こえるはずです。

4和音のダイアトニックコード

1章でも触れていますが、ダイアニックコードは3和音の場合もあれば4和音の場合もあります。
どちらを使うかは、作り手の意図次第になります。

4和音のコードは、3和音のコードに比べ奥行のあるサウンドとなりますが、安定感が薄れます。
曲におしゃれさを取り入れたり、あえて不安定なコードを使うことで終止感を強めたりする目的でよく使われます。

えるるん
ジャズなどでは、4和音コードを前提として解釈されていたりするね。

4和音のダイアトニックコードは、以下のような並びにまります。

ⅠM7・Ⅱm7・Ⅲm7・ⅣM7・Ⅴ7・Ⅵm7・Ⅶm7♭5

場合によって、さらにテンションが付加されることもあります。
テンションについては別の機会に解説させていただきます。

マイナーキーのダイアトニックコード

ここまでメジャーキーのダイアトニックコードを解説してきましたが、マイナーキーの場合のダイアトニックコードはどのようになるでしょうか。

メジャーキーの6番目から始めるとマイナーダイアトニックコードになる

CメジャーキーとAマイナーキーは、並行調と呼ばれる関係にあり、スケールの構成音が全く同じになります。
要は、『Cメジャー=Aマイナー』となり、ほかにも『E♭メジャー=Cマイナー』『Fメジャー=D♭マイナー』などと表現することができます。

メジャースケールとマイナースケールの関係

であれば、ダイアトニックコードでも同じことが言えます。

メジャーダイアトニックコードの6番目のコードから並べると、並行短調のダイアトニックコードとなるのです。

Cメジャーキーのダイアトニックコード

Ⅰ・Ⅱm・Ⅲm・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵm・Ⅶm♭5
C・Dm・Em・F・G・Am・Bm♭5

Aマイナーキーのダイアトニックコード

Ⅰm・Ⅱm♭5・Ⅲ・Ⅳm・Ⅴm・Ⅵ・Ⅶ
Am・Bm♭5・C・Dm・Em・F・G

ただし、上述したマイナー(スケールやダイアトニックコード)は、性格には「ナチュラルマイナー」と呼ばれるもので、ほかにハーモニックマイナーや、メロディックマイナーという考え方があります。

それぞれスケール音や、ダイアトニックコードが変化しますが、今回はここまでの解説とさせていただきます。
ハーモニックマイナーやナチュラルマイナーについては以下の記事をご覧ください。

関連記事

マイナースケールはどんなもの?   マイナースケール(ナチュラルマイナースケール)は、暗い響きが特徴的なスケールで、『全音・半音・全音 ・全音 ・半 音 ・全音・全音 』の間隔で並ぶ7音で構成されています。 […]

全キー対応のダイアトニックコード一覧表

3和音と4和音のダイアトニックコードを一覧表にしました。
緑がトニック、青がサブドミナント、赤がドミナントに色分けされています。

・・・トニック
・・・サブドミナント
・・・ドミナント

【3和音】のダイアトニックコード一覧

コードの順番
I・IIm・IIIm・IV・V・VIm・VIIm-5

キー/
コード
IIImIIImIVVVImVIIm-5
CCDmEmFGAmBm-5
D♭D♭E♭mFmG♭A♭B♭mCm-5
DDEmF#mGABmC#m-5
E♭E♭FmGmA♭B♭CmDm-5
EEF#mG#mABC#mD#m-5
FFGmAmB♭CDmEm-5
F#F#G#mA#mBC#D#mE#m-5
GGAmBmCDEmF#m-5
A♭A♭B♭mCmD♭E♭FmGm-5
AABmC#mDEF#mG#m-5
B♭B♭CmDmE♭FGmAm-5
BBC#mD#mEF#G#mA#m-5

【4和音】のダイアトニックコード一覧

コードの順番
IM7・IIm7・IIIm7・IVM7・V7・VIm7・VIIm7-5

キー/
コード
IM7IIm7IIIm7IVM7V7VIm7VIIm7-5
CCM7Dm7Em7FM7G7Am7Bm7-5
D♭D♭M7E♭m7Fm7G♭M7A♭7B♭m7Cm7-5
DDM7Em7F#m7GM7A7Bm7C#m7-5
E♭E♭M7Fm7Gm7A♭M7B♭7Cm7Dm7-5
EEM7F#m7G#m7AM7B7C#m7D#m7-5
FFM7Gm7Am7B♭M7C7Dm7Em7-5
F#F#M7G#m7A#m7BM7C#7D#m7E#m7-5
GGM7Am7Bm7CM7D7Em7F#m7-5
A♭A♭M7B♭m7Cm7D♭M7E♭7Fm7Gm7-5
AAM7Bm7C#m7DM7E7F#m7G#m7-5
B♭B♭M7Cm7Dm7E♭M7F7Gm7Am7-5
BBM7C#m7D#m7EM7F#7G#m7A#m7-5

 

マイナーキーのダイアトニックコードは、平行長調のダイアトニックコードと同じです。(キーAmはキーCメジャーと同じ。)
ただし、コードの機能に違いがあります。

マイナーキーのダイアトニックコードも一覧で知りたい方は『ダイアトニックコード一覧』をご覧ください。

まとめ

ダイアトニックコードを理解すると、作曲の効率や精度だけではなく、演奏にもいい影響を及ぼします。

それぞれのキーで7つもコードがあると、面倒にも感じてしまいますが、
『メジャー・マイナー・マイナー・メジャー・メジャー・マイナー・マイナー♭5』
の並びさえ覚えてしまえば、どのキーでも簡単に導きだすことができます。