マイナースケールは欠点がある?3種類のスケールで完全攻略

マイナースケールはどんなもの?

 

マイナースケール(ナチュラルマイナースケール)は、暗い響きが特徴的なスケールで、『全音・半音・全音 ・全音 ・半 音 ・全音・全音 』の間隔で並ぶ7音で構成されています。

例えばAマイナースケールは、『A(全音)B(半音)C(全音)D (全音) E(半音)F (全音) G (全音)A』のように構成されています。

メジャースケールとの違いはいくつかありますが、最もな点は、ルートから見た3つ目の音が短3度になっていることです。この部分が半音上がると明るい響きになります。

メジャースケールとの並行調の関係

メジャースケールの音の並びを確認していきましょう。すると、マイナーコードとの共通点が見えてきます。

それぞれのスケールの音のならび(全=全音 半=半音)

メジャースケール:全・全・半・全・全・・半

マイナースケール:・半・全・全・半・全・全

一見異なる音の並びですが、メジャースケールの6番目の音から始めると、ちょうどマイナースケールの並びと一致します。

ここで、Cのメジャースケール、Aのマイナースケールを比べてみましょう。

それぞれの構成音

Cメジャースケール:C・D・E・F・G・A・B

Aマイナースケール:A・B・C・D・E・F・G

このことから、メジャースケールの6音目からスタートすると、その音を主音とするマイナースケールになることがわかります。
この関係を並行調の関係といいます。

長調(メジャースケール)から見て並行調の関係にある短調(マイナースケール)を、並行短調
短調からみて並行調の関係にある長調を、並行長調といいます。

並行調の例

  • Cメジャーの並行短調はAマイナー
  • Dメジャーの並行短調はBマイナー
  • Eメジャーの並行短調はC#マイナー
  • Fマイナーの並行長調はA♭メジャー

5度圏表を見れば一目瞭然ですね。
ここでは、並行調の関係までしるされています。

欠点を克服する3つマイナースケール

ここまで解説してきたスケールは、ナチュラルマイナースケールと呼ばれるものです。

実はこのマイナースケールには導音(簡単に言うと主音の半音したの音)がないという欠点があります。
その欠点を克服するためにあと2つのマイナースケールが作られ、計3つのマイナースケールが誕生しました。

  • ナチュラルマイナースケール
  • ハーモニックマイナースケール
  • メロディックマイナースケール

マイナースケールの図解

ハーモニックマイナースケール

ナチュラルマイナースケールにない『導音』を作り出すために、作られたスケールがハーモニックマイナースケールです。
日本では和声的短音階とも呼びます。

短7度の音を強引に半音上にあげ導音とした形になります。
そのため、6つ目の音と7つ目の音が全音+半音離れる状態になってしまいます。
ここがハーモニックマイナーの問題点です。

メロディックマイナースケール

ハーモニックマイナースケールの6音目、7音目の音程差を改善するために作られたのがメロディックマイナースケールです。6つ目の音を半音上にあげることでこの問題を解決しています。

3つ目の音以外メがジャースケールと同じ音程なので、比較的明るい響きがします。

 
えるるん
ルートの音から下降していく場合、ほとんどメジャースケールと変わらないことになるから、下降するときだけナチュラルマイナースケールを使ったりするよ!