ダイアトニックスケール(全音階)とは?スケールとコードの仕組みを解説

「○○スケール」に「△△スケール」
スケールという言葉は何種類もあって、何が何を指しているのか最初は混乱をしてしまいます。

この記事で解説する『ダイアトニックスケール』は、数あるスケールの大きなくくりとなる重要な概念です。
ダイアトニックスケールを正しく理解し、今後の学習効率を高めていきましょう。

ダイアトニックスケールとは

ダイアトニックスケール(全音階)とは、1オクターブを7つの音に分けた7音音階で、5つの全音と2つの半音で構成されているものを指します。
主音から『全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音』の順で音を並べたダイアトニックスケールはメジャースケール(長音階)とも言います。
例えば、C(ド)を基準に考えると『C(全音)D(全音)E(半音)F(全音)G(全音)A(全音)B(半音)C』というメジャースケールを構築することができます。

Cメジャーダイアトニックスケールの例

 
えるるん
メジャースケールの順番は「全・全・半・全・全・全・半」!
専門学校時代はこれを呪文のように言わされたなぁ…。

ダイアトニックスケールは7種類

ダイアトニックスケールは、「どの音から始まるか」でその呼び名が変わります。

基準を、Cメジャースケール(ドレミファソラシド)として考えてみると、以下7パターンのダイアトニックコードがあることがわかります。

  • 1音目から始まる:CDEFGAB(全・全・半・全・全・全・半)
  • 2音目から始まる:DEFGABC(全・半・全・全・全・半・全)
  • 3音目から始まる:EFGABCD(半・全・全・全・半・全・全)
  • 4音目から始まる:FGABCDE(全・全・全・半・全・全・半)
  • 5音目から始まる:GABCDEF(全・全・半・全・全・半・全)
  • 6音目から始まる:ABCDEFG(全・半・全・全・半・全・全)
  • 7音目から始まる:BCDEFGA(半・全・全・半・全・全・全)

まずは、この中でマイナースケールを確認していきましょう。

メジャースケール(長音階)とマイナースケール(短音階)

メジャースケールの6番目の音から並べたスケールを、マイナースケール(短音階)と言います。
インターバルは『全音・半音・全音・全音・半音・全音・全音』となります。

メジャースケールとマイナースケールの関係

メジャースケールマイナースケールは現代の音楽を勉強していくうえで頻繁に使われます。
反対に、次に解説するモードを見かける機会は少ないでしょう。

7つのモードスケール

2章冒頭で、メジャースケールから始まりの音を変えると7つのダイアトニックスケールができるといいました。
こうした分類をする際は、これまでのメジャースケール(長音階)マイナースケール(短音階)とは区別せず、各モードスケールとしてとらえます。

モードについて詳しくは『音楽理論で使われるモードとは?』をご覧ください。

7つのモードスケール

メジャースケールから考えられる、これら7つのモードをチャーチモード(教会旋法)といったります。

ダイアトニックスケールから生まれる7つのコード

ダイアトニックスケールに含まれる音のみで構成された7つのコードをダイアトニックコードと呼びます。

スケール内の一つの音を主音として、1つ飛ばしで3つ以上の音を重ねるとコードとなります。

Cメジャーダイアトニックスケールで考えていきましょう。
Cを主音とし3つのコードを重ねると『ド・ミ・ソ』の『Cコード』が完成します。

Cコードの組み立て方

同じ要領でD,E、F…とコードが作られるのですが、全音・半音などのインターバルの関係から、メジャーコードのものとマイナーコードのものに分かれます。

Cメジャーダイアトニックコード

 
Name
「メジャー・マイナー・マイナー・メジャー・メジャー・マイナー・マイナー♭5」
の順番を覚えてしまおう!

トライアドコードとセブンスコード

先ほどのように、3音を重ねた3和音のコードをトライアドコードと呼びます。

さらにもう一つ、4音を重ねた4和音コードをセブンスコードと呼びます。
セブンスコードも、ダイアトニックスケールから7つ生まれますが、トライアドコードに4つ目の音(セブンスの音)が加わるだけなので、覚えるのは難しくないでしょう。

Cを主音とする場合は、C(ド)・E(ミ)・G(ソ)・B(シ)が構成音になります。

感じ方は人それぞれではありますが、セブンスコードの方が少し不安定で奥深い雰囲気があります。
セブンスコードの詳しい解説は下の記事をご覧ください。

関連記事

より複雑な楽曲を練習し始めると、セブンス(7th)のついたコードがたくさん出てきます。 セブンスコードはどういったコードで、どういう成り立ちをしているのでしょうか。 また、どういった状況で利用しらたいいのでしょうか。 ダイアト[…]

コード表の画像

 

まとめ

ここまでの内容を質問形式でまとめていきましょう!

Q.ダイアトニックスケールとは?

A.7つの音を1オクターブとする考え方で、全音階と呼ばれるもの。
詳しくは『ダイアトニックスケールとは』をご覧ください。

Q.ダイアトニックスケールは一つじゃない?

A.ダイアトニックスケールには、メジャーダイアトニックスケールと、マイナーダイアトニックスケールがあります。
メジャースケールの音のインターバルは『全・全・半・全・全・全・半』
マイナースケールの音のインターバルは『全・半・全・全・半・全・全』になります。
*全=全音 半=半音
詳しくは『メジャースケールとマイナースケールの違い』をご覧ください。

Q.ダイアトニックコードとは?

A.ダイアトニックスケール上の音を1音飛ばしで3つ以上重ねると7つのコードができます。
これがダイアトニックコードで、曲の中で違和感なく使いやすい安定したコードと言えます。
ダイアトニックコードを知っているだけでも、作曲のスピードやクオリティのアップが期待できます。
詳しくは『ダイアトニックスケールから生まれる7つのコード』をご覧ください。

Q.ダイアトニックコードは2パターンある?

A.ダイアトニックコードは、3つの音を重ねるトライアドコードと、4つの音を重ねるセブンスコードに分かれます。
トライアドは安定感が強く、セブンスコードは奥深さを感じさせます。
5つ以上の音を重ねることも可能ですが、それはテンションというまた別の概念になります。
詳しくは『トライアドコードとセブンスコード』をご覧ください。