ダイアトニックスケールとは?スケールとコードの仕組みを解説

音楽理論を勉強し始める前からダイアトニックという言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。
それほど、基礎的かつ頻出する概念なのです。

今回はダイアトニックスケールの解説と共に、ダイアトニックスケールから生まれるダイアトニックコードを解説していきます。

 

ダイアトニックスケールとは

ダイアトニックスケールとは、日本名で全音階と呼ばれる音の並びで、7つの音で1オクターブとする考え方です。
根幹(トニック)となる音から『全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音』の順で音を並べ構成します。
キーC(ド)として考えると、ピアノで言う白鍵にあたる『ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ』がダイアトニックスケールの音となります。

ダイアトニックスケール

 
Name
「全・全・半・全・全・全・半」の順番を覚えよう!
専門学校時代はこれを呪文のように言わされたなぁ…。

メジャースケールとマイナースケールの違い

厳密にいうと、上記の並びはメジャーダイアトニックスケールと呼び、6音目を先頭として並べる7音をマイナーダイアトニックスケールと呼びます。
先ほどの例では、『ラシドレミファソ』がマイナーダイアトニックスケールで、A(ラ)音から始まるのでAマイナーダイアトニックスケールになります。

マイナーダイアトニックスケールのインターバルは『全音・半音・全音・全音・半音・全音・全音』です。

ダイアトニックスケールから生まれる7つのコード

ダイアトニックスケールに含まれる音のみで構成された7つのコードをダイアトニックコードと呼びます。

スケール内の一つの音を主音として、1つ飛ばしで3つ以上の音を重ねるとコードとなります。

Cメジャーダイアトニックスケールで考えていきましょう。
Cを主音とし3つのコードを重ねると『ド・ミ・ソ』の『Cコード』が完成します。

Cメジャーダイアトニックスケール上のCコード

同じ要領でD,E、F…とコードが作られるのですが、全音・半音などのインターバルの関係から、メジャーコードのものとマイナーコードのものに分かれます。

Cメジャーダイアトニックコード

 
Name
「メジャー・マイナー・マイナー・メジャー・メジャー・マイナー・マイナー♭5」
の順番を覚えてしまおう!

トライアドコードとセブンスコード

先ほどのように、3音を重ねた3和音のコードをトライアドコードと呼びます。

さらにもう一つ、4音を重ねた4和音コードをセブンスコードと呼びます。
セブンスコードも、ダイアトニックスケールから7つ生まれますが、トライアドコードに4つ目の音(セブンスの音)が加わるだけなので、覚えるのは難しくないでしょう。

Cを主音とする場合は、C(ド)・E(ミ)・G(ソ)・B(シ)が構成音になります。

感じ方は人それぞれではありますが、セブンスコードの方が奥深い雰囲気があります。
セブンスコードの詳しい解説は下の記事をご覧ください。

関連記事

より複雑な楽曲を練習し始めると、セブンス(7th)のついたコードがたくさん出てきます。 セブンスコードはどういったコードで、どういう成り立ちをしているのでしょうか。 また、どういった状況で利用しらたいいのでしょうか。 ダイアト[…]

コード表の画像

 

まとめ

ここまでの内容を質問形式でまとめていきましょう!

Q.ダイアトニックスケールとは?

A.7つの音を1オクターブとする考え方で、全音階と呼ばれるもの。
詳しくは『ダイアトニックスケールとは』をご覧ください。

Q.ダイアトニックスケールは一つじゃない?

A.ダイアトニックスケールには、メジャーダイアトニックスケールと、マイナーダイアトニックスケールがあります。
メジャースケールの音のインターバルは『全・全・半・全・全・全・半』
マイナースケールの音のインターバルは『全・半・全・全・半・全・全』になります。
*全=全音 半=半音
詳しくは『メジャースケールとマイナースケールの違い』をご覧ください。

Q.ダイアトニックコードとは?

A.ダイアトニックスケール上の音を1音飛ばしで3つ以上重ねると7つのコードができます。
これがダイアトニックコードで、曲の中で違和感なく使いやすい安定したコードと言えます。
ダイアトニックコードを知っているだけでも、作曲のスピードやクオリティのアップが期待できます。
詳しくは『ダイアトニックスケールから生まれる7つのコード』をご覧ください。

Q.ダイアトニックコードは2パターンある?

A.ダイアトニックコードは、3つの音を重ねるトライアドコードと、4つの音を重ねるセブンスコードに分かれます。
トライアドは安定感が強く、セブンスコードは奥深さを感じさせます。
5つ以上の音を重ねることも可能ですが、それはテンションというまた別の概念になります。
詳しくは『トライアドコードとセブンスコード』をご覧ください。