セブンスコードとはどんなコード?構成音やコードの成り立ちから解説

より複雑な楽曲を練習し始めると、セブンス(7th)のついたコードがたくさん出てきます。

セブンスコードはどういったコードで、どういう成り立ちをしているのでしょうか。
また、どういった状況で利用しらたいいのでしょうか。

ダイアトニックコードを把握していると、より理解しやすいです。

参考記事:ダイアトニックスケールとは?スケールとコードの仕組みを解説

セブンスコード(4和音)とは

セブンスコードとは、3和音のトライアドコードに7thの音が追加された4和音のことを言います。
主音を1度とし、3度・5度・7度の音が積み重なって構成されています。

セブンスとメジャーセブンスの2種類がある

セブンスコードは大きく分けて2種類あります。
これらは、ルート音から見た7度の距離で決まります

短7度の場合はセブンス長7度の場合はメジャーセブンスと呼びます。

7度の音程

ルート音のオクターブ上の8度(1度)を軸に考えると、ルート音の全音下が短7度(セブンス)、半音下が(メジャーセブンス)となることがわかります。

C音を主音とする場合で考えてみよう!

メジャートライアド(C・E・G)+短七度(B♭)=C7(シーセブンス)
メジャートライアド(C・E・G)+長7度 (B) =CM7(シーメジャーセブンス)

マイナートライアド(C・E♭・G)+短7度(B♭)=Cm7(シーマイナーセブンス)
マイナートライアド(C・E♭・G)+超7度(B)=CmM7(シーマイナーメジャーセブンス)

セブンスコードの利用シーン

セブンスコードはトライアドコードと違ってどういった音の響きをするのでしょうか。
またどういったシーンでよく利用されるのでしょうか。

セブンスコードの響き

セブンスコードは地に足をついたトライアドコードに、不安定な第7音が加わるようなイメージです。
そのため、寂しげな雰囲気やふわふわとした印象を感じさせます。

  • メジャーセブンス(寂しげで煌びやかなな雰囲気)
  • マイナーセブンス(マイナーだけれど少し穏やかで哀愁を感じる)
  • セブンス(非常に不安定で緊張感があり、能天気な明るさを感じる)

もちろん感じ方は人それぞれですし、コード進行しだいで雰囲気も変化します。

よく使われる音楽ジャンル

おしゃれな響きがするセブンスコードは、ジャズやR&Bなどでよく利用されます。
最近ではポップスでも頻出しますが、シティーポップといったジャンルでは特によく使われます。
山下達郎さんや松任谷由実がそういったジャンルに精通していて、ジャズに近いコードワークが見所です。

逆にロックのようなストレートな表現を必要とするジャンルでは、セブンスコードを多用すると雰囲気を損ねることがあります。

「おしゃれ」というと響きはいいですが、ただ使えばいいわけではないようです。