ハーフディミニッシュとは?dimとの違いや使い方、呼ばれ方の理由まで解説

このサイトでは、以前ディミニッシュコードについて解説しました。
今回の内容は、ディミニッシュと混同しがちな、ハーフディミニッシュと呼ばれるコードついてです。

ハーフディミニッシュがどういったコードで、ディミニッシュとどう違うのか。
また、どの様に使えばいいかを解説しています。

ハーフディミニッシュとは

ハーフディミニッシュとは、ルート,短三度,減五度,短七度で構成される、4和音のコードです。「マイナーセブンスフラットファイブ」と言われるもの、『○m7-5』と表記されるコードと全く同じものです。

例えば『Cm7-5』は、「Cハーフディミニッシュ」あるいは「Cマイナーセブンスフラットファイブ」と呼ばれます。

メジャーダイアトニックコードの七番目、あるいはマイナーダイアトニックコードの二番目のコードに当たりますが、時にノンダイアトニックコードとしても登場します。

 Cメジャーキー

 

 Cマイナーキー

ディミニッシュとの違い

ハーフディミニッシュとよく似たコードに、ディミニッシュセブンスがあります。

この二つのコードは、まず構成音が違い、音楽の中でもつ役割も大きく異なります。

二つのコードの違いをそれぞれ確認していきましょう。

構成音の違い

ハーフディミニッシュとディミニッシュは、構成音の七度にのみ違いがあります。

ハーフディミニッシュは、短七度。

ディミニッシュセブンスは、減七度(短七度よりも半音低い)が使われます。

ルートCで考えてみましょう。

コード構成音
Cm7-5C,E♭,G♭,B♭
Cdim7C,E♭,G♭,B♭♭

Cm7-5は、「Cm7コードの五度が半音下がったもの」。Cdim7は「Cm7-5から七度が半音下がったもの」と覚えられますね。

役割の違い

ハーフディミニッシュとディミニッシュの大きな違いに、緊張感の差があります。

ディミニッシュセブンスのほうが緊張感が強く、はやく安定したコードに戻りたい力も強く持っています。そのため、ドミナントの代理としてよく使われます。

ディミニッシュコードについて詳しくはこちら

ハーフディミニッシュもドミナントとして機能することもありますが、コード進行の前後によってさまざまな役割で使われます。

癖つよのディミニッシュセブンスより、ハーフディミニッシュの方が使い方に幅があるイメージです。

ハーフディミニッシュの使い方

ハーフディミニッシュの使用例を交えて、使い方を解説していきます。

各項目では、例となるコード進行と音源を用意しております。

  • VIIm7-5→I(ドミナントセブンスの代理)
  • IIm7-5→V7→Im(マイナーツーファイブワンのIIm)
  • IIIm7-5→VI7→IIm7(リレイテッドIIm)
  • VIm→V→#IVm7-5(トニックの代理)
  • IV→#IVm7-5→V7→I(経過和音、ダブルドミナント)

VIIm7-5→I(ドミナントセブンスの代理)

ダイアトニックコードのVIIm7はドミナントセブンスの代理コードとして機能します。
そのため、半音上のトニックへ解決する力を持ちます。

ハーフディミニッシュのデモスコア1

IIm7-5→V7→Im(マイナーツーファイブワンのIIm)

下のコード進行を、Aマイナーキーの楽曲として捉えると、トニックであるAm7にマイナーツーファイブのモーションをしています。

ツーファイブのIIm7-5として使われるハーフディミニッシュは、サブドミナントとしての機能を持ちます。

ハーフディミニッシュのデモスコア2

 

IIIm7-5→VI7→IIm7(リレイテッドIIm)

先ほどのツーファイブ同様、リレイテッドIImとしてもよく使われます。

下の譜面は、Cメジャーキーの進行です。
Dm7に対するセカンダリードミナント『A7』をV7と捉えた際にIImにあたるのがリレイテッドIImです。

ハーフディミニッシュのデモスコア3

VIm→V→#IVm7-5(トニックの代理)

メジャーキーの主音から見た『#IVm7-5』は、トニックの代理として使うこともできます。

ハーフディミニッシュのデモスコア4

IV→#IVm7-5→V7→I(経過和音、ダブルドミナント)

先ほど同様『#IVm7-5』ですが、IVM7からルートだけを半音上げたコードとも言えます。

そのため、下譜例のように、IV→Vの進行の間に入る経過和音としてよく用いられます。

また、Vに対するセカンダリードミナントII7(ダブルドミナントとも言う)と構成音が似ているため、ダブルドミナントとも解釈できます。

ハーフディミニッシュのデモスコア5

ハーフディミニッシュに関するよくある質問

  • なぜ「ハーフディミニッシュ」と呼ばれるの?
  • ハーフディミニッシュの記号は?
  • ハーフディミニッシュの別名は?

なぜ「ハーフディミニッシュ」と呼ばれるの?

まず、ハーフディミニッシュというコードが生まれる前に、ディミニッシュというコードが定義されていたため、区別した呼び名となっています。

では、なざハーフなのか。

ディミニッシュと、ハーフディミニッシュの構成音を見てみると、7度に違いがあります。
ディミニッシュは5度に加えて7度も『減の音程』になっているのに対し、ハーフディミニッシュは7度が『減の音程』ではありません。
ちょうど『減』度合いが半分になっていることが分かります。

コード構成音
ディミニッシュルート,短3度,減5度,減7度
ハーフディミニッシュルート,短3度,減5度,短7度

こうした理由が、ハーフディミニッシュの名の由来になっているという考えが一つとしてあります。

ハーフディミニッシュの記号は?

まず、ディミニッシュは『o』の記号で表されます。
例えば、Cdimであれば『C°』となります。

ハーフディミニッシュは、ディミニッシュの記号を半分に割った様な形『ø』で表されます。
Cm7-5であれば、『Cø』となります。

また、『ø』ではなく『φ』でも問題ありません。

ディミニッシュとハーフディミニッシュの記号

ハーフディミニッシュの別名は?

ハーフディミニッシュは、「マイナーセブンフラットファイブ」と呼ばれることもあります。
どちらも全く同じ構成音のコードです。

まとめ

ハーフディミニッシュは、他のコードにくらべ使用頻度が少なくあります。

ただ、使い方次第でさまざまな機能を持たせることができるため、コードアレンジの幅がグッと広がります。