セカンダリードミナントとは?使い方や利用できない場面も解説

ダイアトニックコードを知っていると以前よりも簡単に作曲を行うことができますが、下手をすると単調な曲になってしまうこともあります。

作曲の表現力を広げる一つの手段としてダイアトニックコードでない、『ノンダイアトニックコード』を使うことがあります。
今回は、そんなノンダイアトニックコードの一つである『セカンダリードミナント』を解説していきます。

 

セカンダリードミナントとは

セカンダリードミナントは、ダイアトニックコード上のあるコードを仮想のトニックコードへ向かうドミナントコードに変化したものです。

例えばCメジャーキーであれば、ドミナントコードはGしかありません。
それはトニックコードがCしかないからです。

セカンダリードミナントの理論でFをトニックと見立てたとしましょう。
その場合は、通常ダイアトニックコードに存在しないC(またはC7など)がセカンダリードミナントコードとなります。

同様に、Amをトニックとした場合はE7がセカンダリードミナントコードになります。

セカンダリードミナントは、通常のダイアトニックコードにないコードを作り出すことができます。
こういったダイアトニックコード以外のコードをノンダイアトニックコードと呼びます。

セカンダリードミナントを使ったコード進行の例

実際にセカンダリードミナントを使ってコード進行をアレンジしていきましょう。

まず変換前を『C→Am→Dm→G』の進行とします。

C |Am |Dm |G
ここからAmの部分をセカンダリードミナントに変換していきます。
次の『Dm』に対してちょうど4度の進行をしているので、FをトニックをみたててCをセカンダリードミナントとします。
C |A7 |Dm |G
今回は音の違いが分かりやすいようA7としましたが『A』でも問題ありません。
他にも、『A』をトニックと見立てたることができそうですね。
セカンダリードミナントを追加していき、その部分を赤い下線で示していきます。
C・E7|A7 |D7 |G
 
えるるん
他にも、Gをトニックと見立てて『D』をセカンダリードミナントとすることもできるね!

セカンダリードミナントが使えない場面

セカンダリードミナントは、ダイアトニックコードをドミナントコードに変換することができるものであり、そもそもダイアトニックコードに存在しない音をセカンダリードミナントとすることはできません。

そのため、メジャーダイアトニックコード上の、マイナーダイアトニック状ののコードに対したセカンダリードミナント作れません。
例えばCのメジャースケールで考えていきましょう。

Ⅶのコードへドミナントモーションをするためには、4度下のF#をドミナントコードとする必要がありますが、F#はダイアトニックコードに存在しません。
したがってセカンダリードミナントは成立しないのです。

まとめ

代表的なノンダイアトニックコードが、今回解説したセカンダリードミナントでした。
ノンダイアトニックコードは他にもさまざまあり、順を追ってひとつづつ覚えていく他ありません。

ここまでの内容をQ&A形式でまとめていきます。

Q.セカンダリードミナントってなに?

A.セカンダリードミナントは、ダイアトニックコード上のあるコードを仮想のトニックコードへ向かうドミナントコードに変化したものです。
詳しくは『セカンダリードミナントとは』をご覧ください。

Q.セカンダリードミナントが使えないケースはある?

A.あります。セカンダリードミナントは、あくまでもダイアトニック上のコードをドミナントコードに変えるものです。
ダイアトニックコードに含まれないコードをドミナントコードにする場合は、裏コードや転調のような別の解釈が必要になります。
詳しくは『セカンダリードミナントが使えない場面』ご覧ください。

関連記事

「ジャジー」「複雑なコード進行だ」と感じる曲には、裏コードが使われているかもしれません。 今回は、ジャズのようなコードの響きを重視する音楽でよく使われる「裏コード」を解説していきます。   unde[…]

関連記事

なんだか小難しい音楽用語に『モーダルインターチェンジ』があります。 下の画像はaikoさんのキラキラという楽曲です。 この曲は、キーA♭の曲なのですが、実は赤線の部分(G♭、E♭m)A♭マイナーキーのダイ[…]

関連記事

洋楽・邦楽問わず、様々な楽曲で使われている手法の一つにパッシングディミニッシュというものがあります。 なんだか小難しそうな見栄えですが、あなたがよく聴く楽曲にもきっと使われている定番コード進行です。是非マスターしていきましょう。 […]

関連記事

ダイアトニックコードだけの作曲に凝り固まった際におすすめのテクニック『クリシェ』を解説していきます。JPOPでも頻繁に使われているものなので、皆さんも知らず知らずに聞いたことがきっとあるはずです。 クリシェという音楽用語の解説と、実際にクリ[…]

関連記事

簡単に取り入れることができ、作曲の幅がぐんと広がること間違いなしのサブドミナントマイナー。どういう仕組みで、どういったコードがそれに該当するのか確認していき、自身の音楽に取り入れてみましょう! サブドミナントマイナーとは […]