裏コードとは?使い方と使用例を解説

「ジャジー」「複雑なコード進行だ」と感じる曲には、裏コードが使われているかもしれません。

今回は、ジャズのようなコードの響きを重視する音楽でよく使われる「裏コード」を解説していきます。

 
えるるん
Jpopでも使われていて、最近のアーティストでいうと藤井風さんもよく使っているよ!
裏コード含めたノンダイアトニックコードについての詳しい記事は『ノンダイアトニックコード』ってどんなものの記事をご覧ください。

裏コードとは

裏コードとは、ドミナントセブンスの代わりに使うことができるコードで、ドミナントセブンスの長3度と短7度の音を共通して持つセブンスコード(トライアドでも可)が該当します。トニックからみて半音上のコードになるため、半音下降で解決するジャズらしいアプローチができます。

ディグリー表記をするとドミナントがⅤ7であるのに対し、裏コードは♭Ⅱ7となります。

キーCを例に考えてみましょう。
CへとドミナントモーションをとるドミナントコードG7を♭Ⅱ7に変えるとD♭7になります。

裏コードに変換する例

裏コードはドミナントと同じトライトーンを含む

裏コードはドミナントの代理コードです。

ドミナントセブンス(Ⅴ7)の構成音のうちM3とm7がトライトーンという関係性にあり、これによってドミナントモーションの解決感が生まれるわけですが、裏コードにも全く同じトライトーンが含まれているのです。

例えば、キーCでG7がドミナントとなる場合、G7の「M3=B(シ)」と「m7=F(ファ)」がトライトーンになります。
裏コードのD♭7(♭Ⅱ7)の「M3=F(ファ)」と「m7=B(シ)」が同じトライトーンですね。

裏コード解説の図
 
undefined
同じトライトーンがあるから、同じコードに解決したくなるんだね!
「G7→C」「D7→C」どっちもなめらか!
関連記事

『ドミナントコード』とセットで出てくることが多い『トライトーン』という用語。 実はこのトライトーン、「音楽の悪魔」などと呼ばれるほど不協和な音程を指しているんです。 トライトーンがどういったものか、どんなシーンで使われているのか詳し[…]

裏コードを使う利点

なぜ裏コードがよくつかわれるのか。なぜ使う必要があるのか。
これらを理解するため、裏コードの利点を解説していきます。

  • 半音下降の滑らかな動きにできる
  • ジャジーなコード進行になる

半音下降の滑らかな動きにできる

通常ツーファイブワン(Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ)進行は、4度上に進む動きで形成されています。

4度上に進む進行は、強進行という自然なコード進行ではありますが、ベース音が跳躍します。
裏コードを利用すると、「Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ」の進行を「Ⅱ→♭Ⅱ→Ⅰ」に変化させることができ、ベースが半音階で下降する滑らかな動きを形成することができます。

キーCの場合

ジャジーなコード進行になる

裏コードはジャズでよく使われます。

裏コードは、ドミナントコードの代理コードと話してきましたが、実際にはドミナントコードにない音も含まれていましたね。

これまでと同様にキーCで、ドミナントをG7、裏コードをD♭7として考えてみましょう。

まずD♭7のルート音D♭は、G7からみて♭13の音。

D♭7の5度の音A♭は、G7からみた♭9の音になります。

裏コードはG♭9♭13とにた響きを持つコードであることがわかりますね。
テンションが含まれていて、奥行のあるジャジーなコードに聞こえるのです。

裏コードの使い方

裏コードの使い方を図を交えてみていきましょう。

ドミナント・セカンダリードミナントを裏コードに

先ほどの利点で解説したものではありますが、裏コードを使えばⅡ‐Ⅴ‐ⅠがⅡ‐♭Ⅱ‐Ⅰの半音下降にすることができます。

裏コードはドミナントコードの代理にあたるので、セカンダリードミナントを使えば、さらに半音下降を作ることができそうです。

裏コードの使用例

裏コードのツーファイブ化

先ほどはツーファイブの形を裏コードに変化させましたが、裏コードをⅤに見立て、そこへもⅡmを作ることができます。

要は、裏コードのツーファイブワンという特殊な進行を作ることができるのです。

Dm7→D♭7→CM7』の形を『A♭m7→D♭7→CM7』

裏コードのツーファイブ化

裏コードが使われている楽曲

裏コードが使われる楽曲をいくつか紹介していきます。
実際に曲で聴いて雰囲気を感じ取っていきましょう。

きらり/藤井風

藤井風さんの『きらり』という楽曲でも裏コードが使われていますので確認していきましょう。

Aメロの『F#m7→F7→Em7』のF7がまさに裏コードです。
Emに進むセカンダリードミナント『B7』の裏コードととらえることができます。

きらりAメロコード進行

藤井風さんのきらりについてさらに詳しく深堀たい方は下の記事をご覧ください。

エルエミュージック-コード分析

今回は、藤井風の『きらり』をコード進行を中心に分析していきます。EDM的なアレンジ、4つ打ちのビートで爽快感あふれる踊れ…

番外編:裏コードのテンション

通常のコードにテンションをつけるように、裏コードにもテンションをつけてみましょう。

裏コードは、通常のドミナントにはない、ノンダイアトニックな響きが重要になります。

そのため、テンションを決める際も元のスケールから考えず、単にコードトーンの全音上を使用可能テンションとするのが一般的です。

この考えによって、裏コードのテンションは9th、#11th、13thとなります。

ただし、このテンションの付け方は、あくまでも裏コードのノンダイアトニックな響きを強めるためのものです。

単純に#9や♭9などを扱う場合もあります。

まとめ

一見難しそうに見える『裏コード』ですが、使ってみるのは非常に簡単で、行きたいコードの半音上のセブンスコードを裏コードととらえることができます。

コード進行を分析するうえでも、よくわからないセブンスコードが出てきたら、次に半音下に進んでいないか疑ってみましょう!

裏コードは半音上からアプローチすることができるコードですが、パッシングディミニッシュを使えば半音下からもアプローチすることもできます。
是非ご活用ください。