音楽でいう「キー」ってなに?カラオケや演奏中によく聞くけど一体…

カラオケや、バンドでの演奏の際、たびたび「キー」という言葉を耳にします。
「キーを下げる」「この曲はキーCだ」のように。

なんとなく使っているこのキーという言葉。実際はどういった意味なのでしょう。
あなたはそれを答えることができますか?

キー(調)とは

キーとは、日本でいう調のことであり、その曲の主となる音を決めるルールのようなものです。
例えばキーC(ド)であれば、Cが主音(その曲の元となる音)となり曲が構成されています。

キーというルールを知ることで、その曲の演奏や理解がずっと簡単に、かつ楽しくなります!
意図的にキーを変えて(転調)変化を楽しんだり、歌いやすい音になるまでキーを下げる事もできます。

キーには使いやすい音があらかじめ決まっている

キーには使いやすい音というのがあらかじめ決まっています。
先ほどのようにキーCを例に挙げて考えてみましょう。

キーC。要するに、ドの音を中心とする曲では、ドから始まる7音『ドレミファソラシド』が違和感なく使える音と決まっています。
逆に鍵盤で、『ド・レ♭・ミ・ファ・ソ・ラ・シ』とひくと違和感を感じますよね。

こういった使いやすい基本の音をダイアトニックスケールと呼んだりします。
この音づかいが違和感なく聴こえる理由は、音と音との距離間(音程)に答えがあります。

ダイアトニックスケールは、『全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音』という順番で7音が構成されます。

全音と半音とは?
鍵盤考えると理解が簡単で、例えばドから見て一つ右となりの音に行くと半音動いたことになります。ド#ですね。
一つ飛ばしてレの音に行くと全音うごいたことになります。
ドとレの間には黒鍵があるので全音の関係ですが、ミからみたとなりのファには間に黒鍵がないので半音の関係ということになります。

よく聞きなれているドレミファソラシドはこの並びだからこそ違和感を感じないのです。
ためしに、ファの音から『全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音』の音を弾いてみましょう。
『ファ・ソ・ラ・シ♭・ド・レ・ミ』と弾いているのに、ドレミファソラシと同じような聞こえ方をしますよね。

これは、ファから始っているので、キーFのダイアトニックスケールを弾いている事になります。

逆の考え方をすれば、「この曲のキーはFですよ」とわかっていれば、「ファ・ソ・ラ・シ♭・ド・レ・ミを使っておけばいいんだな!」と理解することができます。

カラオケでキーを下げると音がさがる理由

一般的に私たちが耳にする音楽では、そのほとんどにキーという概念が使われています。
キーが決まっていれば、その音を主軸に曲が構成されていることになります。

例えば、キーC(ド)で、メロディーが「ドドレレミミレー」となっていたとします。
キーをBに半音下げると、主軸の音がさがるのでメロディーやコードすべてが同様に半音下がることになります。

メジャーキーとマイナーキー

先ほどの例のキーCは厳密には、Cメジャーキーと言います。ダイアトニックスケールからも明るい響きを感じますよね。

キーには、他にマイナーキーが存在します。メジャーとは反対に暗い雰囲気だったり、クールでかっこいい雰囲気があります。
例えば、米津玄師さんの『Lemon』はキーG#mの楽曲です。
冒頭から暗い雰囲気が漂っていますね。

エルエミュージック-コード分析

この記事では、米津玄師の『Lemon』をコード進行中心に分析していきます。全体的に暗い雰囲気を漂よわせながらも、Aメロ・…

並行長と同主調

キーにはそれぞれ近しいキーが存在します。

同主調

あるキーと主音を同じとするキーのことを同主調の関係と言います。

例えば、CメジャーキーとCマイナーキーは同主調の関係といえます。
覚えやすいですね!

平行調

あるキーと同じダイアトニックスケールを持つキーを並行長と言います。

キーCは『ドレミファソラシ』で構成されていますが、Aマイナーキーも順番こそ変わりますが『ラシドレミファソ』の同じ音で構成されています。

ここでは、メジャーキーの1.5音(全音1つと半音1個分)下が同主調のマイナーキー。
マイナーキーの1.5音上が同主調のメジャーキーとだけ覚えておきましょう。

ダイアトニックスケールについては下の記事をご覧ください。

関連記事

「○○スケール」に「△△スケール」スケールという言葉は何種類もあって、何が何を指しているのか最初は混乱をしてしまいます。 この記事で解説する『ダイアトニックスケール』は、数あるスケールの大きなくくりとなる重要な概念です。ダイアトニックスケ[…]

ダイアトニックスケールってどんなもの

キーと転調

キーのことを調と呼びますが、曲中に調を変えることを転調と呼びます。

先ほど解説した同主調や平行調の関係も、転調に応用することができます。
定番のものでは、Aメロはメジャーキーで、Bメロは同主調のマイナーキーに転調するものです。

king gnuの白日を見てみると、AメロはキーD♭で、Bメロから暗い雰囲気のB♭キーに転調したように感じますね。

もっと極端な例では、CメロではキーG♭に、ラストサビでは半音B♭から半音上のBマイナーキーに転調しています。
ラストサビで半音上に転調するのは、盛り上がりを高める定番のテクニックですね。

まとめ

キーはその曲を構成する中心の音を決めるルールのようなものです。

キーという概念を知ることで、その曲がどのように作られているのかを表面的に知ることができます。
筆者はギターを弾きますが、キーを知らずに演奏するのと、したうえで演奏するのには雲泥の差がでます。

楽器をひく方、歌を歌うかた。いずれにしてもキーを知ることは必要になります。
音楽理論の入口的存在といえますね!!