サブドミナントマイナーとは?使い方と使用例

簡単に取り入れることができ、作曲の幅がぐんと広がること間違いなしのサブドミナントマイナー。
どういう仕組みで、どういったコードがそれに該当するのか確認していき、自身の音楽に取り入れてみましょう!

 

サブドミナントマイナーとは

一般的にサブドミナントマイナーというと、サブドミナントの機能を持つコードをマイナーコードにしたもののことで、ノンダイアトニックコードの一つととらえられます。

同主調からの借用コードとも考えることができるため、暗い響きがするのかと思いきや、もの悲しさがありながらも、なんだか優し気で魅力的な響きがあります。

サブドミナントマイナーの正体

キーCを例に考えていきましょう。

トニックはC(ド・ミ・ソ)
サブドミナントはF(ファ・ラ・ド)です。

サブドミナントは、ドミナントほど不安定さがなく、トニックへの解決感も薄いコードです。
それは、トニックの構成音と隣接するコードが1つ(ミとファ)しかないからです。

サブドミナントマイナーは、サブドミナントの長3度の音を半音さげ、マイナーコードにした形ですので、先ほどの通りFmで考えると構成音が、ファ・ラ♭・ドとなります。

こうして、トニックの構成音に隣接する音が2つになったので、ドミナントの雰囲気を感じさせるサブドミナントといえるのです。

そこからいえるサブドミナントマイナーの条件は、以下の2つです。

  • サブドミナントの機能を持っているコードこと
  • トニックからみた♭6の音(キーCでいう『ラ♭』)を持っていること

サブドミナントマイナーはたくさんある

先ほどの2つの条件を満たすコードは以外にもたくさんあります。
ここでもキーCで考えていきましょう。

  • Fm(Ⅳm)
  • Fm7(Ⅳm7)
  • FmM7(ⅣmM7)
  • Fm6(Ⅳ6)
  • Dm-5(Ⅱm-5)
  • Dm7-5(Ⅱm7-5)
  • D♭M7(♭ⅡM7)
  • A♭(♭Ⅵ)
  • A♭M7(♭ⅥM7)
  • A♭7(♭Ⅵ7)
  • B♭7(♭Ⅶ7)

最も重視すべきは、♭6の音であるあ『A♭』が含まれているかどうかです。
D♭M7は、サブドミナントDm7のサブドミナントマイナー化Dm7-5から、さらにルートを半音下げた形です。
Cへの半音下降できる進行となるので、裏コードに近い印象があります。

A♭7はサブドミナントマイナーである、A♭M7をもっとブルージーセブンスコードに変えたものです。
B♭7はDm6に近しい構成音でありますし、A♭の音も含んでいます。

関連記事

「ジャジー」「複雑なコード進行だ」と感じる曲には、裏コードが使われているかもしれません。 今回は、ジャズのようなコードの響きを重視する音楽でよく使われる「裏コード」を解説していきます。   unde[…]

関連記事

なんだか小難しい音楽用語に『モーダルインターチェンジ』があります。 下の画像はaikoさんのキラキラという楽曲です。 この曲は、キーA♭の曲なのですが、実は赤線の部分(G♭、E♭m)A♭マイナーキーのダイ[…]

関連記事

洋楽・邦楽問わず、様々な楽曲で使われている手法の一つにパッシングディミニッシュというものがあります。 なんだか小難しそうな見栄えですが、あなたがよく聴く楽曲にもきっと使われている定番コード進行です。是非マスターしていきましょう。 […]

関連記事

ダイアトニックコードだけの作曲に凝り固まった際におすすめのテクニック『クリシェ』を解説していきます。JPOPでも頻繁に使われているものなので、皆さんも知らず知らずに聞いたことがきっとあるはずです。 クリシェという音楽用語の解説と、実際にクリ[…]

関連記事

ダイアトニックコードを知っていると以前よりも簡単に作曲を行うことができますが、下手をすると単調な曲になってしまうこともあります。 作曲の表現力を広げる一つの手段としてダイアトニックコードでない、『ノンダイアトニックコード』を使うことがあり[…]