注目キーワード
  1. 藤井風
  2. official髭男dism
  3. 星野源

【LADY/Official髭男dism】コード進行と分析

関ジャム完全燃SHOW「クラシックのプロがスゴイと思うJ-POP特集」でピアニストの清塚信也さんがこの楽曲を挙げたことでも話題になった、
Official髭男dism屈指のバラード。

おしゃれで切ないコードワークについて紐解いていきます!

ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 >>ダイアトニックコードについて

全体を通して

この曲の情報

作詞/作曲:藤原聡

キー:A

BPM:72

発売:2017年10月13日

構成

A→B→サビ→A→B→サビ→C→ラスサビ1→ラスサビ2→アウトロ

Aメロ始まりの曲で、間奏はありません。「最初から最後まで歌が途切れない」のがこの曲の特徴のひとつと言えます。

 

Aメロ

楽譜Aメロ

1~3小節目

コード A→Dmaj7→C♯7→F♯m
ディグリ ー表記 Ⅰ→Ⅳmaj7→Ⅲ7→Ⅵ

 

リバースピアノの音(逆再生したピアノの音)から始まるAメロ。

3小節目の頭には早速ノンダイアトニックコードが使われています。

C♯7(Ⅲ7)セカンダリードミナントであり、に向かうドミナントコードである為、暗く切ない響きを持っています。

 

4小節目

コード E→D♯m7(♭5)
ディグリ ー表記 Ⅴ→♯Ⅳm7(♭5)

 

4小節目ではノンダイアトニックコードであるD♯m7(♭5)(♯Ⅳm7(♭5))が使われています。

♯Ⅳm7(♭5)というコードはⅠ6(#11)と同じ構成音であり、
また、Ⅴ→♯Ⅳm7(♭5)という流れから推測するに、トニックの代理コードとして使われていると考えることができます。

 

この部分の解釈
今回の「LADY」の場合はトニックの代理という解釈をしましたが、他にも♯Ⅳm7(♭5)が使われるパターンと解釈はいくつか存在します。
同バンド、Official髭男dismの代表曲「Pretender」においては、Bメロ(サビ前)でFm→Dm7(♭5)(Ⅵ→♯Ⅳm7(♭5))という形で使われています。
この場合の♯Ⅳm7(♭5)は、セカンダリードミナントであるⅡ7の代理コードと考えることができます。
○構成音的に、Ⅱ9からルート音を省略したコードが♯Ⅳm7(♭5)となるから。
Ⅵ→Ⅰという進行はクラシックの音楽理論においては禁則進行であり、代理和音から本来の和音に進むことは気持ちの良い進行にはなりづらい為、ポップスにおいてもめったに使われない。
それゆえに、トニックの代理という解釈は除外する。
以上の理由から、Ⅵ→Ⅱ7が転じてⅥ→♯Ⅳm7(♭5)になったと解釈しました。

5小節目

コード Bm7→Bm7/E
ディグリ ー表記 Ⅱm7→Ⅱm7/Ⅴ
5小節目のBm7→Bm7/Eという部分で使われているBm7/E(Ⅱm7/Ⅴ)V7(ドミナント)の代理としてよく使われるコードです。

サブドミナントの機能を持つに、のベース音が付加されています。通常のV7と比べると緊張感が弱く、ドミナントの役割を持ちながらも浮遊感があります。

Ⅱm7と同じ構成音を持っているため、この曲のようにツーファイブ(Ⅱm7→Ⅱm7/Ⅴ)の形で使うことで、非常に滑らかな進行が可能です。

 

6~9小節目

コード A→Dmaj7→C♯7→F♯m→Em→Dmaj7→Bm7→Bm7/E
ディグリ ー表記 Ⅰ→Ⅳmaj7→Ⅲ7→Ⅵ→Ⅴm→Ⅳmaj7→Ⅱm7→Ⅱm7/Ⅴ

 

8小節頭のEm(Ⅴm)ドミナントマイナーと呼ばれるコードです。(そのままなネーミングですが…)

本来E(Ⅴ)が持つトニックへの導音「ラ♯」の音が半音下がって「ラ」になる、
つまりEm (Ⅴm)になることで緊張感が緩和され、柔らかい雰囲気のコードとなっています。

 

Bメロ

楽譜Bメロ

1・2小節目

コード F♯m→F♯m/F→F♯m/E→D♯m7(♭5)
ディグリ ー表記 Ⅵ→Ⅵ/♯Ⅴ→Ⅵ/Ⅴ→♯Ⅳm7(♭5)

 

ここではルート音のみが半音ずつ下降していくベースクリシェが使われています。

クリシェには様々なパターンがありますが、からルート音のみが半音ずつ下降していくベースクリシェは最もよく使われる進行のひとつで、切ない雰囲気があります。

3~6小節目

コード Dmaj7→C♯m7→Bm7(11)→E→Dmaj7→C♯m7→Bm7
ディグリ ー表記 Ⅳmaj7→Ⅲm7→Ⅱm7(11)→Ⅴ→Ⅳmaj7→Ⅲm7→Ⅱm

 

1・2小節からの流れのままⅣmaj7→Ⅲm7→Ⅱm7(11)と下降、へとつながり再びへ。

そしてⅡm7を維持したままサビへ。

 

サビ

楽譜サビ

1~4小節目

コード Dmaj7(9)→C♯m7→F♯m7(9)→Bm7→E7sus4(9)→A→Bm→B♯m→A/C♯
ディグリ ー表記 Ⅳmaj7(9)→Ⅲm7→Ⅵm7(9)→Ⅱm7→Ⅴ7sus4(9)→Ⅰ→Ⅱ→♯Ⅱm→Ⅰ/Ⅲ

 

A→Bm→B♯m→A/C♯の部分は、メロディが半音ずつ上がっていくのに合わせてⅠ→Ⅱ→♯Ⅱm→Ⅰ/Ⅲと上昇していきます。

A/C♯(Ⅰ/Ⅲ)分数コードですが、単純に3度がルートにきている転回系のコードになります。

と比較すると、Ⅰ/Ⅲの場合はルートに対して完全5度が鳴っていない為、軽やかな響きになっています。

 

5・6小節目

コード D→Dm→A/C♯→F♯m7
ディグリ ー表記 Ⅳ→Ⅳm→Ⅰ/Ⅲ→Ⅵm7

 

ここで出てくるDm(Ⅳm)サブドミナントマイナーです。

文字通り、Ⅳ(サブドミナント)をマイナーコードにしたもので、同主短調(Am)から借りてきた和音と考えられます。

特にⅣ→Ⅳmの動きはよく使われる進行で、コードトーンが長3度→短3度と半音ずつ下がっていくため滑らかで美しいです。

歌メロはサビの1小節目と全く同じメロディですが、ここではⅣmが入ることで胸が締め付けられるような切ない雰囲気になっています。

 

7~9小節目

コード Bm7→C♯m7→Dm→Am/E→E→A→Asus4
ディグリ ー表記 Ⅱm7→Ⅲm7→Ⅳm→Ⅰm/Ⅴ→Ⅴ→Ⅰ→Ⅰsus4

 

Bm7→C♯m7→Dm→Am/E→Eと上昇してトニック(A)に着地する進行。

ここでもⅣmが使われていますが、Ⅱ→Ⅲから上がっていく流れで使うと、切なさというよりは勇ましさのような前向きな雰囲気を感じます。

Am/E→Eの部分は、歌メロの「LA~DY~(ド~シ~)」に合わせてコードが変化しています。

 

Cメロ

楽譜Cメロ

1~4小節目

コード Dmaj7→DmM7→C♯m7→F♯m7
ディグリ ー表記 Ⅳmaj7→ⅣmM7→Ⅲm7→Ⅵm7

 

ここで出てくるDmM7サブドミナントマイナーです。

ここではDmaj7から長7度(ド♯)を維持したまま3度のみが半音下がってDmM7になることで、
「不確かで・もどかしくて」という「ド♯シレ」の繰り返しメロディが非常に活きています。

 

5~8小節目

コード Bm7→Bm7/E→Em7→A→A7→E♭7(9.11)
ディグリ ー表記 Ⅱm7→Ⅱm7/Ⅴ→Ⅴm7→Ⅰ→Ⅰ7→♯Ⅳ7(9.11)

 

Bm7/E→Em7→A→A7(Ⅱm7/Ⅴ→Ⅴm7→Ⅰ→Ⅰ7)の部分。

Ⅴm7Ⅰ7に向かうリレイテッドⅡm7であると考えることができます。
リレイテッドⅡm7とはこの場合、A7(Ⅰ7)V7と捉え、それに対するⅡm7としてEm7(Ⅴm7)が使われているという解釈です。

最後はキメのタイミングでE♭7(9.11)が鳴っています。ラスサビの冒頭、へ半音上から繋がるアプローチになっています。

 

ラスサビ

基本的にサビと同じ進行を2回し繰り返します。

ラスサビ2回し目・7~10小節目

コード Bm7→C♯m7→Dm→Am/E→E→Bm7→C♯m7→Dm→Am/E→E
ディグリ ー表記 Ⅱm7→Ⅲm7→Ⅳm→Ⅰm/Ⅴ→Ⅴ→Ⅱm7→Ⅲm7→Ⅳm→Ⅰm/Ⅴ→Ⅴ

 

エンディングに向けて、同じ進行を二回繰り返しています。

ここでは楽曲中最高音を歌っており、ラストに相応しい盛り上がりになっています。

 

アウトロ

 

アウトロではサビの進行に乗せて、フェイク的なアプローチで感情があふれるようなメロディを歌っています。

最後はトニックのAに解決。メロディも「」できれいに終わります。

 

まとめ

テンションコードやノンダイアトニックコードなどがとても巧みに使われた名曲でしたね。

作詞作曲の藤原聡さん曰く「大切な人に対する愛と敬意を込めた曲。歳の割に幼い恋愛をしていることを自虐しながら、幸せを噛み締めている様子を描いた」とのことですが、まさしくそれが体現されたようなアレンジになっていると感じます。

皆さんも是非、この楽曲に使われているおいしいコードワークを是非活用してみてください!

 

以下のOfficial髭男dismの人気楽曲もご覧ください。

関連記事

関ジャム完全燃SHOW「クラシックのプロがスゴイと思うJ-POP特集」でピアニストの清塚信也さんがこの楽曲を挙げたことでも話題になった、 Official髭男dism屈指のバラード。 おしゃれで切ないコードワークについて紐解いていき[…]

関連記事

Apple Musicのドルビーアトモスによる空間オーディオのCMで見かける、official髭男dismの『アポトーシス』。 えるるん AppleMusicでは、現在新しい音楽体験「空間オーディオ」を追加料金なしで利用する[…]

関連記事

今や日本で知らない人はいないであろう国民的人気バンド、ヒゲダンことOfficial髭男dism。 そんな彼らが初めてリリースした1stミニアルバム『ラブとピースは君の中』の1曲目に収録されているこの楽曲。 今回はポップで踊れる隠[…]

関連記事

『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』主題歌に決定したofficial髭男dismのニューシングル「Universe」 リズミカルなピアノのイントロから一気に引き込まれてしまう楽曲ですね! 今回はこ[…]

関連記事

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の主題歌にもなったofficial髭男dismの一曲。「115万キロのフィルム」 今回はこの楽曲の分析をしていきましょう。 曲の意味を探っていくことで作曲者の意図や、[…]

音楽サブスク徹底比較!無料期間でたのしもう!

CTA-button