ツーファイブとは?作曲の場面ではどうアレンジできる?

音楽系のサイトを徘徊しているとよく見かける『ツーファイブ』と言った用語。

これは、コードの進行を表すもので、ジャズを筆頭にJpopなどでも頻繁に使われます。
例えば、西野カナの会いたくてとかでしょうか。

今回は、ツーファイブの意味を解説していきますので、演奏・作曲に役立てられるようにしていきましょう!

ツーファイブとは?

ツーファイブとは、ダイアトニックコードの、『2番目のコード』から『5番目のコード』に進むコード進行のことです

例えば、Cメジャーキーでは『Dm→G』『Dm7→G7』のコード進行がツーファイブになります。

(4和音で使われることが多いので、ここからは4和音で解説していきます。)

キーCのダイアトニックコード

IIm7からV7へ進む進行はルートが完全4度上へと進んでいます。これを強進行といい、強制力があって自然なコード進行となります。

また、IIm7(サブドミナント)→V7(ドミナント)と進むため、次にI(トニック)への進行を強く期待させます。

ツーファイブワンといった進行もある

ツーファイブワンは、先程のⅡ→Ⅴの動きにⅠ。つまりそのキーのトニックコードを繋げた流れになります。

Cメジャーキーの例でいえば『Dm7→G7→CM7』がツーファイブワンになります。

基本的にDm→Ⅴ7とくればⅠM7に行く流れが自然なので、ツーファイブと言われても、その後にはⅠM7に繋ぐことが多くあります。

三和音(トライアドコード)でもツーファイブと言える

これまで4和音を前提に話を進めてきましたが、3和音であってもツーファイブは成立します。

関連記事

より複雑な楽曲を練習し始めると、セブンス(7th)のついたコードがたくさん出てきます。 セブンスコードはどういったコードで、どういう成り立ちをしているのでしょうか。 また、どういった状況で利用しらたいいのでしょうか。 ダイアト[…]

コード表の画像

同様にCメジャーキーで考えていきましょう。

Dm→G

このような場合でも、ダイアトニックコード上のⅡ→Ⅴの動きをしているのでツーファイブと言えます。

4和音は、コードを煌びやかにしたり、緊張感を高めたりと、それぞれの機能を引き出す役割があります。
ツーファイブはジャズで頻繁に使われるため、表現力豊かなセブンスコードが使われることが多いのです。

ツーファイブが使われる曲の例

ツーファイブが使われている有名曲をいくつか紹介していきます。

  • 会いたくて会いたくて/西野カナ
  • 115万キロのフィルム/official髭男dism
  • sunday morning/Maroon5

115万キロのフィルム/official髭男dism

この曲では、Aメロからメジャーのツーファイブワンとマイナーのツーファイブワンが使われています。
(「くだらないと笑ったんなら」の部分です。)

E♭ |Dm7♭5 G7 |Cm7 Bm7|B♭m7 E♭7
最初の部分は通常のCm7へと続くマイナーツーファイブワン。
2つ目のものは、A♭メジャーに行くと仮定したメジャーツーファイブワン。
(これにはセカンダリードミナントと言ったテクニックが使われているので、次回解説いたします。)

会いたくて会いたくて/西野カナ

この曲のサビのコード進行を見ていきましょう。
(「会いたくて 会いたくて 震える」の部分です。)

Fm→B♭m→E♭→A♭→D♭→Gm7♭5→C7sus4→C7

マイナーのツーファイブ

上述したCメジャーキーでの例は、あくまでもメジャーキーにおけるツーファイブであり、マイナーキーではまた違いがあります。

Amダイアトニックキーで考えてみましょう。
Am7がⅠとなるため、ⅡはBm7b5、 ⅤはEm7ですね。

ただし、ツーファイブは基本的にⅠ(トニックコード)へ繋がるのが自然です。
そのため、Ⅰへのつながりを強めるためⅤのコードは7『Ⅴ7』として考えられることがほとんどです。

『〇7』のコードは非常に不安定な響きで、「4度上のコードに落ち着きたい」という働きがあります。
セブンスに強制力がある理由である『トライトーン』については下の記事をご参照ください。
関連記事

『ドミナントコード』とセットで出てくることが多い『トライトーン』という用語。 実はこのトライトーン、「音楽の悪魔」などと呼ばれるほど不協和な音程を指しているんです。 トライトーンがどういったものか、どんなシーンで使われているのか詳し[…]

Amキーでのツーファイブ進行例
『Bm7b5→ E7 (→Am7)』
*Am7に解決することを想定したE7コード

作曲ですぐに使えるツーファイブ3つの活用例

ツーファイブを実際に利用したい場合はいくつかのパターンを覚えてしまうと簡単です。
以下では、実際によく使われているツーファイブの活用例を3パターン紹介いたします。

  • Ⅳ→Ⅴの進行をツーファイブに置き換える
  • Ⅴのコードをツーファイブワンに置き換える
  • カノン進行にマイナーツーファイブとメジャーツーファイブを入れ込む

Ⅳ→Ⅴの進行をツーファイブに置き換える

もっとも簡単なパターンとして、Ⅳ→Ⅴのよくある進行をツーファイブに置き換えるパターンです。

というのも、メジャーキーのⅣコードに対するⅡmコードは代理コードと呼ばれるもので、響きが非常に似ていて置きかえやすいのです。
実際に、ⅣとⅡm7コードは3音が一致しています。

代理コードについてはまた別の機会に解説します。

その為、置き換え後は以下のようになります。

Ⅱm7→Ⅴ7
ツーファイブの響きを違和感なく取り入れることができました。

Ⅴ7のコードをツーファイブワンに置き換える

Ⅴ7のコードを分割し『Ⅱm7→Ⅴ7』のツーファイブの形にすることも可能です。

例えば、『Ⅰ→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ』の進行をツーファイブに変換すると以下のようになります。

Ⅰ → Ⅳ → Ⅱm7 Ⅴ7 → Ⅰ

コードに動きが出て展開が豊になりますね。

カノン進行にマイナーツーファイブとメジャーツーファイブを入れ込む

最後はJPOPでもよく見かけるアレンジをご紹介します。

まずは通常のカノン進行をおさらいしていきましょう。

Ⅰ | Ⅴ | Ⅵm | Ⅴ | Ⅳ | Ⅰ | Ⅳ | Ⅴ | 

ここから、まずは『』に向かうツーファイブワンに差し替えていきます。

Ⅰ | Ⅶm♭5 Ⅲ  Ⅵm | Ⅴ | Ⅳ | Ⅰ | Ⅳ | Ⅴ | 

次に『』向かうツーファイブワンに差し替えます。

Ⅰ | Ⅶm♭5 Ⅲ  Ⅵm | Ⅴ | Ⅳ | Ⅰ | Ⅱm |  | 

もちろん、Ⅱm7やⅤ7のようなセブンスコードに置き換えても問題ありません。

さらに発展!

先ほどのコード進行『 Ⅰ | Ⅶm♭5 Ⅲ | Ⅵm | Ⅴ |  | Ⅰ | Ⅱm | Ⅴ | Ⅰ 』にさらにツーファイブを足すことができます。
』をトニックと見立ててツーファイブワンの形を作る方法で、以下のようになります。
『 Ⅴm Ⅰ | Ⅳ 』
このような、通常のトニックコード以外のコードをトニックと見立てて、ドミナントモーションを作ることを『セカンダリードミナント』と言います。

セカンダリードミナントに関しては下の記事で解説しています。

関連記事

ダイアトニックコードを知っていると以前よりも簡単に作曲を行うことができますが、そればかりに頼ると単調な曲になってしまうこともあります。 そこで、表現力や独自性を広げる一つの手段としてダイアトニックコードでない、ノンダイアトニックコードを使[…]