【音楽理論解説】トライトーンとは?不協和音は上手く利用できる!?

『ドミナントコード』とセットで出てくることが多い『トライトーン』という用語。
実はこのトライトーン、「音楽の悪魔」などと呼ばれるほど不協和な音程を指しているんです。

トライトーンがどういったものか、どんなシーンで使われているのか詳しく確認していきましょう。

トライトーンとは

トライトーンとは、全音3つ分の音程(音と音の距離)を表す言葉で、ドミナントセブンスコード内にも含まれています。
3全音(全音3つ分)は、言い換えれば半音6つ分なので、ピアノの鍵盤で考えると、ある音そこから6つとなりの音がトライトーンの関係にあるといえ、非常に不協和な響きがします。
ドミナントセブンスコードがトニックコード進むとき非常に大きな『解決感』が得られますが、これには不安定なトライトーンが、次のトニックコードの構成音へとそれぞれ半音で解決していくからです。

例えば、『G7からC』に進むような進行です。
詳しくは、後程解説します。

トライトーンの図説

2章では、トライトーンが使われる場面(使われているコード)について解説していきます。

トライトーンが解決する動き

トライトーンは非常に不安定な響きなので、次に安定したコードへと進んでいきます。
その時の安定感、落ち着いた様子を「解決感」と言います。

この解決感が生み出されるのは、トライトーンがトニックコードの構成音へと半音で解決することで生まれます。
トライトーンの2音は、「それぞれの音が狭まるように半音づつ」あるいは「それぞれの音程が遠ざかるように半音づつ」動き解決します。

トライトーンの動き図表

コラム:音楽の悪魔について

トライトーンの始まりは中世の時代。
当時は、トライトーンは最も不協和な音程とされていて、「音楽の悪魔」と言われるほどでした。
そんな、禁則とされていたトライトーンが使われ始めたのはバロック期のあたり。主に古典派の音楽には盛んに取り込まれるようになってきました。主にドミナントセブンスといった形で。

トライトーンを利用された身近なコード

中世の時代忌み嫌われていたトライトーンですが、現在となってはその不安定さを上手く取り込み、曲の展開・ストーリ性引き立てています。
今回は、トライトーンが主にどんなコードで使われているのかを確認していきます。

セブンスコード

G7やD7、A7もB♭7も。セブンスコードの構成音のうち3度と7度はトライトーンの響きを形成しています。
ダイアトニックの中でセブンスコードは『Ⅴ7』。ドミナントの役割を果たします。

非常に不安定な動きですので、その後ほとんどの場合でトニックへとドミナントモーションをしていきます。

このトライトーンの響き、ドミナントの不安定さを利用して、他のコードへとドミナントモーションをとることができます。
これがセカンダリードミナントとよばれるものです。

さらに、ドミナントセブンスの代理となる裏コードもセブンスコードであり、トライトーンが使われています。

ディミニッシュ

ディミニッシュコードは、短3度づつ音を積み重ねた3和音です。
さらにもう一音加えたディミニッシュセブンスコードは、トライトーンを2つもつコードです。

ドミナントセブンスコードの代理、またはパッシングディミニッシュ的に使われることが多く、その場合半音上のコードへと進んでいきます。
それぞれが、次のコードの構成音へ半音づつ移動していきます。

ディミニッシュセブンスの解決