シのシャープ(#)やドのフラット(♭)はどこを弾くの?

『シ』の音の次は『ド』。であれば『シ#』なんてあるはずないのでは?書き間違え?

楽譜に慣れていないと、こうした音の書かれ方で困惑しますよね。

結論、シ#という書き方は正しいが、弾く音はドと変わりありません。

この記事では、『シ#』と書かれている場合に弾く音と、『シ#』と表記する理由について解説していきます。

『シ#』はどこを弾くのが正解?

鍵盤を見てわかる通り、『シ』の後に黒鍵はないため次は『ド』の音になります。
そのため、『シ#』と表記されていたらドの音を演奏して問題ありません。

鍵盤上の音の並び

同様に、『ミ』には#がありませんが、『ミ#』と表記する場合があります。
この場合『ファ』を弾いて問題ありません。

また、『ファ♭』と書かれていたら『ミ』、『ド♭』と書かれていたら『シ』を演奏することになります。

このように、違う音名で書かれているけど同じ音を異名同音と言います。

なぜシの音にをシャープ(#)つけるの?

『シ#』ように、あえてドと書かない理由を見ていきましょう。

音階は順番である必要があるから

曲にはキー音階といった軸で作られています。
例えば、キーC(ハ長調)の楽曲の場合、Cメジャースケール(長音階)という音階を軸に作られています。
Cメジャースケールを見てみましょう。

Cメジャースケール

『ドレミファソラシ』のように、異なる音名が階段状に並んでいます。
基本として、隣の音は別の音名で表すことがわかります。(例:ドの次はレ)
キーCは偶然にも黒鍵を使わないため上のようにシンプルですが、黒鍵が必要なキーだと#や♭が付きます。
半音上のキーC#(ド#から始まる)の場合で見てましょう。

C#メジャースケール

Cメジャースケールの半音上のスケールになるので、すべての音に#が付きました。
先ほど同様、異なる音名が階段状に並んでいる必要があるので、『シ』や『ファ』に#が付いています。

#をつけずに書くと『ド#,レ#,ファ,ファ#,ラ#,ド,ド#』となります。
音が階段状に連なっているのがわかりにくくなりました。

の左隣の音が」であるように、「#の左となりの音は#」なのです。

楽譜が複雑になる

先ほど例としてキーC#のメジャースケールを紹介しましたが、実際は調号を使われるので、音の隣についている#のような臨時記号は書かれません。
そのため、非常にわかりやすい楽譜となります。

ただ、キーに対応するスケールが階段状に積みあがっていないと、楽譜が非常に読みにくくなります。

音名表記の違い

実際、C#を主音とする場合、調号♭5個で表せるD♭キーとして扱うことがほとんどです。

まとめ

キー(長)を構成するスケール(音階)のでき方から、シ#やファ#といった書き方がされることがわかりました。
キーC#の主音ド#から見た2番目の音はの#。3番目の音はの#と順番になっているのです。

中には、ド♭やファ♭が出てくることもありますが、考え方は変わりません。