【代理コードとは】スリーコードを置き換えて作曲の可能性を広げる

スリーコードと言えば、Ⅰ(トニック)、Ⅳ(サブドミナント)、Ⅴ(ドミナント)の3つのコードですね。

ダイアトニックコードは他にも4コードありますが、それらも「トニック」や「サブドミナント」「ドミナント」に分類することができます。

こうした分類をされたコードは代わりのコードとして、お互いに使いあうことができるのです。

代理コードとは

代理コードとは、あるコードと同じ機能を持つ「代わりになるコード」を指し、構成音や音の響きが似ているのが特徴です。
代理コードも『トニック』『サブドミナント』『ドミナント』の機能に分類することができ、それぞれのコードがどの機能を持つか知ることで、どのコードの代理になるのか判別することができます。

例えば、Cコード(構成音:C,E,G)とAm7(構成音:A,C,E,G)はほぼ同じ構成が使われているため、似たような響きがする代理コードとして相互的に使うことができます。

 
undefined
「このコードはさっき使ったから、変わりにこのコードを使ってみよう」なんてこともできそうだね!

ダイアトニックで見る代理コード

メジャーダイアトニックコードの中で、Ⅰはトニック、Ⅳはサブドミナント、Ⅴはドミナントと言い分けることは一般的ですが、他のコードもそのいずれかに分類することができます。

同じトニックの機能を持つのであれば、トニック同士代理コードになりますし、サブドミナント、ドミナントも同様です。

トニック

トニックコード(Ⅰ)は最も安定感のある響きがします。
キーCメジャーで考えると、トニックコードはCになります。

トニックの代理コードとなるのは、Ⅲm(Em)とⅥm(Am)のコードです。

構成音から見てみましょう。

コード構成音
C(Ⅰ)C,E,G
Em(Ⅲm)E,G,B
Am(Ⅵm)A,C,E

いずれもCの構成音に近しいことがわかりますね。
構成音が似ていると、近しい響きがするので代理コードとして使えるのです。

 
undefined
Am7にすると構成音はA,C,E,Gになるね。
これは『C6』と全く同じ構成音なので、さらにCの代理として機能するよ!

サブドミナント

サブドミナント(Ⅳ)はドミナントほどではないが不安定なコードです。
キーCメジャーで考えると、サブドミナントはFになります。

サブドミナントの代理コードは、Ⅱm(Dm)になります。

コード構成音
F(Ⅳ)F,A,C
Dm(Ⅱm)D,F,A

Fコードの構成音F,AがDmでも共通しています。
その為、Fの代理コードとしてDmを使うことができるのです。

 
undefined
Dm7にすると構成音がD,F,A,Cになるよね。
さらにFに近づくから、Fの代わりにDm7を使うことがおおいよ!

ドミナント

ドミナント(Ⅴ)は非常に不安定なコードで、トニックに解決したい特性を持ちます。
キーCメジャーで考えると、ドミナントはGになります。

サブドミナントの代理コードは、ⅢmとⅦm♭5になります。

コード構成音
G(Ⅴ)G,B,D
Bm♭5(Ⅶm♭5)B,D,F

ドミナント(Ⅴ)の構成音と2音が一致しているので、ドミナントの代理コードとして使うことができますね。

 
undefined
実はⅢmの構成音(E,G,B)も、Ⅴと2つ一致してる。
それでも、Ⅲmはトニックの代理とされることが一般的だよ!
トニックCのコードを決定づける重要な3度の音(E)が含まれているので、トニックとされているらしい。
 

サブドミナントマイナーの場合の代理コード

「トニック」「サブドミナント」「ドミナント」以外に、「サブドミナントマイナー」と呼ばれるコードも頻繁に耳にします。

その名の通り、サブドミナントがマイナーコードになったもので、キーCで言えばFmのことを指します。

そもそもサブドミナントマイナーの正体は

サブドミナントマイナーは、一時的に同主短調から借用してきた和音です。
こういった同主調の別スケールからコードを借りてくることをモーダルインターチェンジと言います。

関連記事

コード譜を見ていて、よく理解できないノンダイアトニックコードが出てきたら、それはモーダルインターチェンジが使われているかもしれません。 下の譜面はキーCの楽曲ですが、2・4小節目のA♭やB♭はモーダルインターチェンジによるコードです。[…]

キーCで言えば、「CmスケールからⅥmにあたるFmを借りてきた」といった具合です。

サブドミナントマイナーの代理コード

前述した通り、サブドミナントマイナーは同主短調にあるコードであるため、通常のキーからかけ離れたコードが代理コードとして使われます。

サブドミナントマイナーとなるコードは以下の通りです。

コード構成音
FmF,A♭,C
A♭M7(♭ⅥM7(♭Ⅵ7でも可))A♭,C,E♭,G
B♭7(♭Ⅶ7)B♭,D,F,A♭
Dm7♭5(Ⅱm7♭5)D,F,A♭,C
D♭M7 (♭ⅡM7)D♭,F,A♭,C

サブドミナントマイナーの代理コードとなるに重要なのは、特徴音の短6度(ここでいうA♭)が含まれているかどうかになります。
そのため、多くのコードが代理コードとして機能するのです。

コラム:簡単な代理コードの見つけ方

簡単に代理コードを見つける方法があります。
メジャーコードの代理コードを見つけたい場合は、そのコードの短3度(全音+半音)下のマイナーコードを弾いてみしょう。

Cから見た短3度下のマイナーコードはAm
Fから見た短3度下のマイナーコードはDm3
Gから見た短3度下のマイナーコードはEmになりますね。

短3度下のマイナーコードは構成音が近しいので代理コードとなりえるのです。
マイナーコードをマイナーセブンスにすればさらにコードが近しくなりますね。

 
undefined
『Ⅳ(サブドミナント)→Ⅴ(ドミナント)』からトニックへ進む進行は非常に一般的だけど、これを代理コードに置き換えたパターンもよく目にするね!
それがツーファイブ!『Ⅱm7(Ⅳの代理コード)→Ⅴ(ドミナント)』という進行になるよ!

ジャズでは頻繁につかわれるコード進行なので覚えておいて損なし!