注目キーワード
  1. 藤井風
  2. official髭男dism
  3. 星野源

【Bedroom Talk/Official髭男dism】コード進行と分析

Official髭男dismメジャー2枚目アルバムに収録されている『BedroomTalk』

タイトルのからも想像できるように、優しさと愛しさにあふれていて、清らかな気持ちに戻してくれるような楽曲でした。
今回も、コード進行を分析していき、この曲の”良さ”を探っていきましょう。

ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 >>ダイアトニックコードについて
youtubeへのリンク画像

全体を通して

この曲の情報

作詞/作曲:小笹大輔

キー:B

BPM:75

発売:2021年8月18日

スロウなバラードソングです。
基本的には8小節ひと塊で進行していきます。
譜割やリズム、演奏に急激な変化がなく、終始落ち着いた雰囲気が漂っています。

演奏の特徴

『ネオソウル感』がこの楽曲の最大の特徴といえるでしょう。
なんともおしゃれで心地がいいですね。

この雰囲気が生まれる最もな原因は、ギターのフレージングでしょう。
コードのテンションを上手く当てたり、ダブルストップといった技術が多用されていたり…

Bedroom Talkのギターアレンジは、ネオソウルギタリストの有賀教平さんが担当しています。
恐ろしく技術とセンスがあふれている方で、今音楽界でも大きく注目されています。

またプロデューサーはドラマーのmabanuaさん。
着飾らないシンプルなリズムパターンでありながら、拍を微妙に遅らせてたたいているため少し重たくも感じます。

ギターによる音の広がりと、ドラムのグルーブ感が優しくおしゃれな雰囲気を醸し出しています。

優しく聞こえる正体

ほとんどの人が「優しい楽曲だな」と感じるのではないでしょうか。

この曲が優しく感じるのにはいくつかの理由があります。

  • テンポが遅い
  • 音色が柔らかい
  • ダブルストップなどでスライドやプリングが多用されている
  • 音圧の低さ
  • キーの主音であるBへの解決

まずテンポの遅さは、優しさや悲しさを感じさせます。「優しいような悲しいような」って混同しやすいですよね。
加えて、モジュレーションが深くかかった柔らかい音色からもやさしさを感じます。

ネオソウル系の演奏なので、ダブルストップのような奏法がよくつかわれますが、スライドやプリングといった音をスムーズにつなげる(レガート)動きが特徴的です。
音の滑らかで、角がない音になるので、これもやさしさを感じさせます。

イントロ

楽譜イントロ

基本的に、イントロと同じようなコード進行を1曲通して、循環し続けています。(厳密には若干異なる)
そのため、コード進行においてはイントロを押さえておけばある程度理解できるでしょう。

1小節目(BM7→D#7→(G#m7))

この曲のキーはB。最初のコードも『BM7』から始まります。
その曲の根幹となる落ち着いたコードをトニックコードと言ったりします。
明るい曲であると、簡単に予想することができますね。

3拍目の『D#7』は次のG#m7に向かうセカンダリードミナントと呼ばれるものです。
G#m7を一時的なトニックとみたてて『D#m7』をドミナントセブンスコードに変化させた形になります。

この部分だけを切り取れば、G#mキーの響きがあり、暗い雰囲気が漂います。

この部分の解釈
土台は明るく優しい曲ですが、セカンダリードミナントにより暗い響きが増しています。
これにより「主人公は何か不安を抱えているのかも」「切ないことがあるのかも」と感じることができます。
実際、歌詞を見てみると、ただ元気はつらつな曲ではなく、悩みとか苦悩見たいな感情も読み取れます。
このセカンダリードミナントで、陽気な楽曲になりすぎないよう調節しているのかもしれません。

2~3小節目(F#m7→B9→(EM7))

『F#m7』はドミナントマイナーとも呼ばれるコードですが、その後の動きを見るとEM7へツーファイブワンの動きをとっていることがわかります。

一時的にキーEメジャーととらえて、Eからみた2番目のコードである『F#m7』5番目のコードである『B7(B9はB7に9thの音が乗ったもの)』の動きをとっているのです。

EM7にスムーズに動くことができ、おしゃれな雰囲気も醸し出していますね。

4小節目

『C#m7』が1小節まるまる続いていますが、最後2拍はオンコードが使われていて、ベース音が『F#』に動いています。
おしゃれな系の曲ではよく使われるアレンジで、ドミナントコード(ここでいうF#コード)の代わりとしてこのようなコードにされています。

音の動きが少なく、なめらかにBM7へと進むことができています。

5~8小節目

これまでの4小節を繰り返します。

Aメロ

楽譜Aメロ

コード進行はイントロと変わりません。

しいて言えば、『D#7』に+9(#9)と-9(♭9)の動きが見えます。
G#m7へ半音の動きが増えるので、よりスムーズにコードが進行しているように見えます。

Bメロ

楽譜Bメロ

1小節目(BM9)

Bメロ冒頭が同じBコードであるのに、何かAメロと違う響きがして、「物語が進んでいるんだ」と感じさせます。

えるるん
さらに9thの音が乗っていて、コードの奥行が増しふわふわとした響きに感じるね!

5小節目(C#9)

イントロ・Aメロと大きく異なるのが、この『C#9』です。
このコードは、次の小節のF#(正確にはC#m7/F#)に向けたセカンダリードミナントです。

この部分の解釈
イントロ、Aメロと同じコードが続いていましたが、ここで変化がつきました。
「ここから変わるよ!」と明示しているようで、実際にサビに行くきっかけとして機能しているようです。
イントロで解説した『D#7』もセカンダリードミナントですが、マイナーキーを想定したセカンダリードミナントだったので暗く聞こえました。
今回は、メジャーキーを想定したセカンダリードミナントなので明るく聞こえますね。
歌詞を見ても、このC#7を起点に「主人公が前を向き始めた」印象を感じました。
サビへの期待感が増しますね。

サビ

楽譜サビ

サビはこれまでの決まり切ったコード進行から若干異なります。

4小節目(F#→Gdim7→(G#m))

『F#』は単純にキーBのドミナントにあたるコードです。
ここで次にBに解決せずに、『Gdim7』へ進みます。

Gdim7はパッシングディミニッシュと呼ばれるもので、コードとコードの間に差し込むことができるディミニッシュコードです。

前後を見てみると、『F#』と『G#m』に挟まれていますよね。
ちょうど『Gdim7』が入ることで半音の滑らかな動きが形成されています。

この部分の解釈
Ⅵmである『G#m』に進むGdim7は、次のG#mの暗い響きをより強烈にします。
イントロの部分でも解説した、D#7というセカンダリードミナントと近しい響きもあり、強く暗い雰囲気を感じさせます。
この後の歌詞を見てみると、「まだ強くなれそうもない…」とどちらかというと暗いことを語っていることがわかります。
歌詞のストーリ―に合わせ、コードで情景を表現しているようです。
Official髭男dismは特に、こういった歌詞とコードの連動感か素晴らしいと個人的に思っております。
同アーティスト『115万キロのフィルム』でもこうした工夫を強く感じられます。
関連記事

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の主題歌にもなったofficial髭男dismの一曲。「115万キロのフィルム」 今回はこの楽曲の分析をしていきましょう。 曲の意味を探っていくことで作曲者の意図や、[…]

5~6小節目(G#m→G7aug→B/F#(→C#7))

一見複雑なコードですが、ここはベースラインクリシェが行われています。
『G#m』から、ルートのG#の音を半音づつ下げていくとこうしたコード進行になります。

このままクリシェを続けるなら、『B/F#』の次は『Fm7-5』になるかとは思いますが、構成音の近い『C#7』に進んでいます。

『C#7』は、次の『C#m7/F#』へのセカンダリードミナントともとれるため、Bメロで出てきたとき同様明るい雰囲気を感じさせます。

この部分の解釈
『G#m→G7aug→B/F#』のベースラインクリシェは非常に暗い響きがしますが、最後『C#7』に進むこと「パッと悩みが晴れた」ような爽快な雰囲気を感じさせます。
先ほども言いましたが、『G#m→G7aug→B/F#』の部分の歌詞は「まだ強くなれそうもない自分のことも」と暗いもの。
『C#7』以降の歌詞は「愛せるように話をしようよ」と明るく前向きなもの。
暗さと、明るさの起点としてC#7があることで、主人公が悩みを乗り越える様が感じられますね。

まとめ

とにかく「やさしさ」や「愛」を感じる曲でした。
歌詞も甘くて素敵な表現がよく見られます。

コード進行や歌詞を見ると、「悩みや不安のような苦悩はあるけれど、そんな自分を愛してくれる人を見つけ、自分を好きになっていく」といったストーリーなのかなと思います。

今回は、難しいコード進行はあまりなかったのですが、ネオソウルのような高度な演奏に魅了されました。
Official髭男dismの引き出しの多さ、新たな音楽への追及力が垣間見えたように思います。

ここまでの内容を一つの考え方ととらえて、ぜひもう一度『Bedroom Talk』深く聞きこんでみてください。

音楽サブスク徹底比較!無料期間でたのしもう!

CTA-button