CATEGORY

アーティスト50音順

【なないろ/BUMP OF CHICKEN】コード進行と分析

NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』の主題歌でお馴染み、BUMP OF CHICKENの『なないろ』。 爽やかさと煌びやかさ憂いを持った楽曲で、心が浄化される一曲でした。 サビも強く盛り上がるものではなく、他のセクションとの起伏をおさえ穏やかに感じます。 それでは、各セクションのコード、メロディーの特徴を見ていきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様と […]

【クロノスタシス/BUMP OF CHICKEN】コード進行と分析

「クロノスタシス」は、早い眼球運動の後に起こる錯覚現象で、時計の針が止まった様に見えるのだとか。 今回は、BUMP OF CHICKENの『クロノスタシス』を分析していきます。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 &g […]

【RAY/BUMP OF CHICKEN】コード進行と分析

初音ミクとのコラボで当時話題を呼んだBUMP OF CHICKENの『RAY』。 4つ打ちのビートと、時に生き生きとしたメロディーに、自然と体が跳ねてしまう様な楽しげなノリを感じる一曲です。 コード進行やメロディーから、楽曲の魅力や作曲意図を分析していきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環として […]

【ただ君に晴れ/ヨルシカ】コード進行と分析

ヨルシカの2ndミニアルバム「負け犬にアンコールはいらない」に収録の『ただ君に晴れ』。 Youtube再生回数は、ヨルシカの楽曲の中でも随一です。 ヨルシカ最大のヒットソングとも言える代表曲です。 コード進行やメロディーから楽曲を分析し、作曲背景や魅力を深ぼっていきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽 […]

【昼鳶/ヨルシカ】コード進行と分析

ヨルシカ3rdアルバム「盗作」に収録の「昼鳶」。 コードやメロディーから、楽曲の魅力を深ぼっていきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 >>ダイアトニックコードについて 全体を通して ギタースラッ […]

【空も飛べるはず/スピッツ】コード進行と分析

ドラマ白線流しの主題歌として書き下ろされた『空も飛べるはず』。 コード進行を中心に、作曲の背景を紐解いていきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 >>ダイアトニックコードについて イントロ ギター […]

【チェリー/スピッツ】コード進行と分析

スピッツの代表曲『チェリー』。 現代の若年層でも一度は聞いたことがあるでろう超名曲ですね。 コード進行やメロディーからヒットの秘訣を紐解いていきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 >>ダイアトニ […]

【真夏の夜の夢/松任谷由美】コード進行と分析

ドラマ”誰にも言えない”の主題歌『真夏の夜の夢』。 この曲から始まり、『Hello, my friend』『春よ、来い』と3作連続のミリオンセールスを達成しました。 ラテンテイストな曲ながらも、キャッチーなフレーズに体踊るビートで、当時のポップさも兼ね備えていますね。 コード進行を中心に楽曲分析していきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相 […]

【ベテルギウス/優里】コード進行と分析

ドラマ『SUPER RICH』の主題歌ベテルギウス。 エモーショナルなA・Bメロに、感情揺さぶるサビが魅力的な楽曲です。 ワンコーラスのほとんどがたった4つのコードでできています。 味付け的にノンダイアトニックコードが出てきますが、コードの順番や演奏・メロディーの変化で、セクションごとの違いを決定付けています。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違 […]

【ハッピーエンド/back number】コード進行と分析

back number16枚目のシングル曲『ハッピーエンド』。 暗い雰囲気が漂う楽曲ですが、主人公の強い感情がヒシヒシと伝わってくるのではないでしょうか。 今回は、『ハッピーエンド』をコード進行の観点から分析し、魅力を深ぼっていきます。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイア […]