CATEGORY

アーティスト:さ行

【空も飛べるはず/スピッツ】コード進行と分析

ドラマ白線流しの主題歌として書き下ろされた『空も飛べるはず』。 コード進行を中心に、作曲の背景を紐解いていきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 >>ダイアトニックコードについて 全体を通して こ […]

【チェリー/スピッツ】コード進行と分析

スピッツの代表曲『チェリー』。 現代の若年層でも一度は聞いたことがあるでろう超名曲ですね。 コード進行やメロディーからヒットの秘訣を紐解いていきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 >>ダイアトニ […]

【ノンフィクション/Saucy Dog】コード進行と分析

シンデレラボーイのヒットがまだ記憶に新しいSaucy Dog。 今回は、1月26日発売の『ノンフィクション』のコード進行を見ていき、作曲の意図を考えていきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 >> […]

【涙のキッス/サザンオールスターズ】コード進行と分析

TBS系金曜ドラマ『ずっとあなたが好きだった』の主題歌であり、「いとしのエリー」に次ぐサザンオールスターズの名バラード。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 ダイアトニックコードとは? 全体を通して この曲の情報 作詞/作 […]

【白い恋人達/桑田佳祐】コード進行と分析

冬を題材とした桑田佳祐さんの名バラードであり、オリコン週間ランキングで初週52万枚を売り上げ、1位を獲得した大ヒット曲。 今回はそんな誰もが知るウィンターソングのコード進行について分析していきます! ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるか […]

【いとしのエリー/サザンオールスターズ】コード進行と分析

サザンオールスターズの3作目のシングルとして1979年に発売された楽曲。 今回は、JPOP界屈指の名バラードである「いとしのエリー」を分析していきます! ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 ダイアトニックコードとは? 全体 […]

【シンデレラボーイ/soucy dog】コード進行と分析

Saucy Dog、5th mini Album「レイジーサンデー」収録曲の「シンデレラボーイ」。 youtubeでは、親交のある漫画家ますだみくのオリジナルストーリーを交えて楽しむことができます。 なんとも、充実感や悲壮感が入り混じった楽曲で面白みを感じました。 今回も、コード進行を主軸に楽曲を分析していき、作曲の意図を探っていきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解に […]

【虹色の戦争/世界の終わり】コード進行と分析

「SEKAI NO OWARI」がまだ日本語表記の「世界の終わり」だった2010年、インディーズで最初のアルバムとしてリリースされた「EARTH」に収録されている1曲。 オリジナルの振付でダンスを披露する人気TikToker「ローカルカンピオーネ」がこの楽曲を採用し動画を投稿したことで、最近改めて注目されています。 明るい曲調の中にも、どこか切なさや憂いがあるような雰囲気の正体について迫っていきま […]

【Progress/kokua】コード進行と分析

「プロフェッショナル 仕事の流儀」のテーマソングであるProgress。 同番組のために結成されたkokuaの楽曲で、日本でも有数のトップミュージシャンに達によって構成されています。 武部聡志(キーボード) スガシカオ(ボーカル) 小倉博和(ギター) 根岸考旨(ベース) 屋敷豪太(ドラマ) ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の […]

【夏のハイドレンジア/Sexy Zone】コード進行と分析

ドラマ「彼女はキレイだった」の主題歌に起用されたSexyZoneのニューシングル『夏のハイドレンジア』。 秦基博さんが作詞作曲を担当されていることでも話題となっている楽曲です。 今回もコード進行や演奏から分析をしていき、作曲者の意図を探ってみましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、娯楽の一環としてご覧ください。 […]