注目キーワード
  1. 藤井風
  2. official髭男dism
  3. 星野源
CATEGORY

アーティスト:や・ら・わ行

  • 2022年1月16日
  • 2022年1月16日

【もう少しだけ/YOASOBI】コード進行と分析

「もう少しだけ」は、『めざましテレビ』のテーマソングとして起用された楽曲です。 あさの情報番組にピッタリな、陽気であたたかな印象を感じました。 「さあ今日も楽しんでいこう」と元気が出る楽曲ですね! この楽曲の細やかな工夫を紐解いていきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また […]

  • 2021年11月22日
  • 2021年12月13日

【Lemon/米津玄師】コード進行と分析

TBSテレビの金曜ドラマ「アンナチュラル」の主題歌であり、米津玄師さんの代表曲。 今回は言わずと知れた大ヒット曲、「Lemon」のコード進行について分析していきます! ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 ダイアトニック […]

  • 2021年11月17日
  • 2021年12月23日

【Flamingo/米津玄師】コード進行と分析

ボカロP時代から現在に至るまで数々の名曲を生み出してきた米津玄師さんが作る、ファンキーでクールな楽曲「Flamingo」。 シンプルゆえに奥深い、今回はそんなこの楽曲のコード進行について分析していきます! ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより […]

  • 2021年11月13日
  • 2022年1月11日

【感電/米津玄師】コード進行と分析

TBSテレビ金曜ドラマ『MIU404』の主題歌となった米津玄師の感電。 テンションコードやクロマチック動きに多彩な音色が魅力で、大人なサウンドにのめりこんでしまいますね。 コード進行を軸に、作曲の意図をひも解いていきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコ […]

  • 2021年8月27日
  • 2021年11月21日

【シャッター/優里】コード進行と分析

優里さんのメジャー6作目の配信限定シングルとして2021年7月7日にデジタルリリースされた楽曲。 後悔を歌ったこの曲の良さを最大限に引き出している、エモーショナルなコードワークについて紐解いていきます! ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽 […]

  • 2021年8月21日
  • 2022年1月11日

【HADASHI NO STEP/LiSA】コード進行と分析

LiSAさんの歌う、ドラマ『プロミス・シンデレラ』の主題歌、HADASHI NO STEPのコード進行を見ていき分析してみましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 ダイアトニックコードとは? 全体を通して この曲 […]

  • 2021年7月5日
  • 2021年11月21日

【ドライフラワー/優里】コード進行と分析

優里メジャー2作目の楽曲となる「ドライフラワー」 数々の国内チャートで首位を獲得しました。 メジャー1作目となった「かくれんぼ」のアフターストーリーとなっており、SNSでも数え切れないほどの拡散、言及、カバーがされています。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコー […]

  • 2021年2月9日
  • 2021年11月21日

【別の人の彼女になったよ/wacci】コード進行と分析

若い世代から大人気の5人組バンド wacciのヒット曲【別の人の彼女になったよ】について分析してみました。共感できる、できない。と賛否両論があったものの、瞬く間に拡散されヒットソングとなりましたね。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめ […]