注目キーワード
  1. 藤井風
  2. official髭男dism
  3. 星野源
TAG

モーダルインターチェンジ

『er-music.jp』に掲載されているモーダルインターチェンジの楽曲一覧です。

  • 2021年11月16日
  • 2021年11月24日

【何なんw/藤井風】コード進行と分析

今でも伸びるYoutubeの再生回数が、とうとう2,000万回に近づく「何なんw」 タイトルのかわいらしさとは裏腹に、グルーヴィーでごりごりの音楽的アプローチに強いギャップ感を覚える楽曲ですね。 この曲のすごさを、コード進行を軸にひも解いていきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧くださ […]

  • 2021年10月23日
  • 2021年11月21日

【カブトムシ/aiko】コード進行と分析

もうすでに多くも方にカバーされ、考察されてきた超名曲『カブトムシ』 今回も、カブトムシのコード進行を分析していきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 >>ダイアトニックコードについて 全体を通して […]

  • 2021年10月14日
  • 2021年11月21日

【雲は白リンゴは赤/aiko】コード進行と分析

aikoさんのメジャー通算20作目のシングル。スバルの軽自動車「ステラ・R2」のTVCM曲にも使われていた楽曲。 難解なものも多いaikoさんの楽曲の中ではシンプルで、とても明るいポップロック。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるか […]

  • 2021年10月13日
  • 2021年11月21日

【ハッピージャムジャム/M.S.J】コード進行と分析

ハッピージャムジャムは、皆さんご存じ『しましまとらのしまじろう』のエンディングテーマ。 最近ではSNSでカバーされるようになり、とうとう作曲者本人の樫原伸彦がそれに関しツイートされました! 「ハッピー・ジャムジャム」のコード進行が検索されているとのことでしたので、オリジナルKeyとin Cのイントロ〜ワンコーラスを掲載しました。じゃんじゃんカバーしてアップして今世をハッピーにしちゃってくださいね! […]

  • 2021年9月28日
  • 2021年11月21日

【シンデレラボーイ/soucy dog】コード進行と分析

Saucy Dog、5th mini Album「レイジーサンデー」収録曲の「シンデレラボーイ」。 youtubeでは、親交のある漫画家ますだみくのオリジナルストーリーを交えて閲覧することができます。 今回も、コード進行を主軸に楽曲を分析していきましょう。 なんとも、充実感や悲壮感が入り混じった楽曲で面白みを感じました。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との […]

  • 2021年8月24日
  • 2021年11月21日

【アポトーシス/official髭男dism】コード進行と分析

Apple Musicのドルビーアトモスによる空間オーディオのCMで見かける、official髭男dismの『アポトーシス』。 えるるん AppleMusicでは、現在新しい音楽体験「空間オーディオ」を追加料金なしで利用することができます。 詳しくないので表現は難しいですが、「プログラムされた細胞死」を意味する「アポトーシス」という言葉。 避けられない運命のような悲しくも、力強いメッセージ性を感じ […]

  • 2021年8月21日
  • 2021年11月21日

【HADASHI NO STEP/LiSA】コード進行と分析

LiSAさんの歌う、ドラマ『プロミス・シンデレラ』の主題歌、HADASHI NO STEPのコード進行を見ていき分析してみましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 >>ダイアトニックコードについて 全 […]

  • 2021年8月5日
  • 2021年11月21日

【Progress/kokua】コード進行と分析

「プロフェッショナル 仕事の流儀」のテーマソングであるProgress。 同番組のために結成されたkokuaの楽曲で、日本でも有数のトップミュージシャンに達によって構成されています。 武部聡志(キーボード) スガシカオ(ボーカル) 小倉博和(ギター) 根岸考旨(ベース) 屋敷豪太(ドラマ) ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の […]

  • 2021年7月30日
  • 2021年11月21日

【夏のハイドレンジア/Sexy Zone】コード進行と分析

ドラマ「彼女はキレイだった」の主題歌に起用されたSexyZoneのニューシングル『夏のハイドレンジア』。 秦基博さんが作詞作曲を担当されていることでも話題となっている楽曲です。 今回もコード進行や演奏から分析をしていき、作曲者の意図を探ってみましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください […]

  • 2021年7月20日
  • 2021年11月21日

【ひまわりの約束/秦基博】コード進行と分析

映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌に起用された楽曲「ひまわりの約束」をコードや演奏から分析していきます。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との考え方に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一 […]