注目キーワード
  1. 藤井風
  2. official髭男dism
  3. 星野源
TAG

キーA

『エルエミュージック-コード分析』に掲載されている キーAの楽曲一覧です。

『er-music.jp』に掲載されているキーAの楽曲一覧です。

  • 2022年3月8日
  • 2022年3月13日

【Love Song/Da-iCE 】コード進行と分析

この記事では、Da-iCEの『Love Song』を分析していきます。 冬の雰囲気や、煌びやかな美しさを感じる一曲でした。 近くで喋りかけているような歌い方で、ヒロインの立場で聴き入ってしまいますね。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽し […]

  • 2022年2月14日
  • 2022年3月20日

【高嶺の花子さん/back number】コード進行と分析

パソコンで「たかねのはな」と入力しましたら、予測変換で「高嶺の花子さん」が出てきました。 それほどの超ヒットソングは、どのように構築されているのでしょうか。 コード進行を軸に紐解いていきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめる […]

  • 2022年1月13日
  • 2022年2月24日

【さよならべいべ/藤井風】コード進行と分析

『さよならべいべ』は、藤井風さんの一作目のアルバム『HELP EVER HURT NEVER』に収録されている楽曲です。 アルバムの中でも特に異彩を放つ、ギター中心のロックナンバーですね。 今回も、コード進行を軸に分析していきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニ […]

  • 2021年11月24日
  • 2022年3月5日

【帰ろう/藤井風】コード進行と分析~悲さと爽さの両立

2020年5月20日にリリースされた1stアルバム『HELP EVER HURT NEVER』に収録されている壮大なバラードナンバー。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 ダイアトニックコードとは? 全体を通して この曲の […]

  • 2021年9月30日
  • 2022年3月3日

【LADY/Official髭男dism】コード進行と分析

関ジャム完全燃SHOW「クラシックのプロがスゴイと思うJ-POP特集」でピアニストの清塚信也さんがこの楽曲を挙げたことでも話題になった、 Official髭男dism屈指のバラード。 おしゃれで切ないコードワークについて紐解いていきます! ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアト […]

  • 2021年9月28日
  • 2022年3月18日

【シンデレラボーイ/soucy dog】コード進行と分析

Saucy Dog、5th mini Album「レイジーサンデー」収録曲の「シンデレラボーイ」。 youtubeでは、親交のある漫画家ますだみくのオリジナルストーリーを交えて楽しむことができます。 なんとも、充実感や悲壮感が入り混じった楽曲で面白みを感じました。 今回も、コード進行を主軸に楽曲を分析していき、作曲の意図を探っていきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解に […]

  • 2021年9月3日
  • 2022年3月20日

【夏の午後はコバルト/Awesome City Club】コード進行と分析

夏の午後はコバルトは、テレビドラマ『彼女はキレイだった』のために書き下ろされた一曲です。 楽しげで爽やかさな一曲で、夏を強く感じる一曲ですね。 コード進行から、作曲の意図を考えていきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思い […]

  • 2021年8月24日
  • 2022年3月3日

【アポトーシス/official髭男dism】コード進行と分析

Apple Musicのドルビーアトモスによる空間オーディオのCMで見かける、official髭男dismの『アポトーシス』。 えるるん AppleMusicでは、現在新しい音楽体験「空間オーディオ」を追加料金なしで利用することができます。 詳しくないので表現は難しいですが、「プログラムされた細胞死」を意味する「アポトーシス」という言葉。 避けられない運命のような悲しくも、力強いメッセージ性を感じ […]