注目キーワード
  1. 藤井風
  2. official髭男dism
  3. 星野源

【pop virus/星野源】コード進行と分析

星野源の5thアルバム『Pop Virus』。
ドラマ主題歌としても起用されている「恋」や「アイデア」が収録されていて、とても充実感のある1枚となりましたね。

今回は、そんなアルバムの表題曲「Pop Virus」の分析をしていきましょう。

ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 >>ダイアトニックコードについて

全体を通して

この曲の情報

作詞/作曲:星野源

キー:A

BPM:79

発売:2018年12月19日

星野源さんの楽曲は、このあたりからブラックミュージックの要素が増えてきますね。
ラジオでは、星野源さん本人が様々な楽曲を自分のフィルターを通して楽曲に落とし込んだとおっしゃっていました。

楽器の特徴

様々な楽器が入り混じる同楽曲。徐々に楽器が増えていくさまにもクールさを感じます。

使用されている楽器

  • ボーカル(+コーラス)
  • ギター
  • エレキギター
  • ベース
  • リズムマシン
  • ストリングス
  • アナログシンセサイザー

コード進行の特徴

ブラックミュージックでは、同じコードのループが基礎となる場合が多いですが、この曲でも全体を通して同じような進行が使われていることがわかります。
唯一、たった4小節ですがBメロの進行が大きく異なります。重点的に見ていきたいポイントですね。

メロディ

メロディは、ペンタトニック(5音)でほぼ形成されています。(唯一Bメロに例外あり)

比較的シンプルでなじみやすい『ペンタトニック』をメロディに使い、コード進行やグルーブに重きを置いているイメージがあります。

 

冒頭サビ

楽譜サビⅠ

ギター+ボーカルのサビメロからスタートします。
冒頭サビから、16小節+2小節で始まるのが特徴的で、あまり日本のポップスでは見られない構成をしています。

えるるん
土台となる進行は『DM7→C#m7→Bm7→F#m7』だね!
ここにこれから解説する、ディミニッシュやセカンダリードミナントなどが加わっていくイメージ!

2小節目(Fdim7)

ここで現れる『Fdim7』はつぎの『F#m7』にスムーズに接続するためのコードです。

F#m7をトニックと見立てた場合のドミナントコードはC#7コードですが、Fdim7はその代理コードになります。
構成音から見てみると、にた響きのするコードであることがわかります。

コード 構成音
C#7 C#,F,G#,B
Fdim7 F,G#,B,D

代理コードについて詳しくは下の記事をご覧ください。

er-theory

スリーコードと言えば、Ⅰ(トニック)、Ⅳ(サブドミナント)、Ⅴ(ドミナント)の3つのコードですね。 ダイアトニックコード…

4小節目(A7)

ここで現れる『A7』は次の『DM7』へのセカンダリードミナントコードになります。
先ほどのFdim7も近しいですが、今回はDM7を一時的なトニックに見立てドミナントモーションをとるためにA7(ドミナントコード)に変換しています。

セカンダリードミナントに関して詳しくは下の記事をください。

er-theory

ダイアトニックコードを知っていると以前よりも簡単に作曲を行うことができますが、下手をすると単調な曲になってしまうこともあ…

10小節目では『A7/F#』が出てきますが、意図としては同じで、これもDM7へのセカンダリードミナント解釈できます。

この部分の解釈
Dから下っていくコード進行がこの曲の土台となっていますね。
通常、Aはメジャーコードであるはずですが、あえてセカンダリードミナントに変えることで「次先頭に戻るよ!」と明確な合図、切り替えのポイントとなっています。
『A7/F#』と『A7』を区別することで、メロディの前半なのか後半なのかも区別されています。
基本が同じコードのループになるので、こうした些細な変化でしっかりと物語が進んでいる雰囲気が感じられます。

7~8小節目(DM7→C#m7・F#m7→Bm7・Bm7/E)

サビ1回しを8小節ととらえるとちょうど一段落する感じがありますね。
ここのコード進行を見てみましょう。

DM7→C#m7・F#m7→Bm7・Bm7/E
コード進行の土台は変わりませんが、解決先(ゴール)がF#m7からAを想定された進行に変化しています。
ここで出てくる『Bm7・Bm7/E』はAへとつながるツーファイブワンのモーションをとっています。
er-theory

音楽系のサイトを徘徊しているとよく見かける『ツーファイブ』と言った用語。 これは、コードの進行を表すもので、ジャズを筆頭…

この部分の解釈
ツーファイブが使われることで、「Aに解決するぞ!」という力が強くなりますね。
ここまで暗い雰囲気の強い曲でしたが、ここにきてキーがAメジャーである曲だとわかりますね。
実際に、最後も『Aadd9』で終了しますね。
『Bm7/E(Ⅱm7/Ⅴ)』というコードは、おしゃれな曲でよく目にしますね。
ツーファイブのコード変化が少なるためよりスムースなコード進行に聞こえます。

イントロ~Aメロ

楽譜イントロ

イントロも同様の

楽譜Aメロ

イントロ、Aメロも冒頭サビとほぼ同じ進行になりますので、まとめてコード譜面を載せておきます。

イントロでは最後2/4拍子になることに注意が必要ですね。

16分でくったメロディ

これは冒頭のサビでもいえることですが、小節をまたぐ際にメロディが16分音符一個分くって入ります。

例えば、「ふざけた人間なんだ  | たよる生活を~」のように。

こうしたメロディーからも16分のグルーブ感を作り出しています。

Bメロ

楽譜Bメロ

1~2小節目(G#m7-5→C#7→F#m7)

『G#m7-5→C#7→F#m7』は、F#m7へマイナーツーファイブワンの進行をとっています。
ここまでのコード進行とは明確に違うポイントですね。

この部分の解釈
コードの流れからキーがAであることはなんとなくイメージできたかと思いますが、ここでは一時的にF#mキー(同主短調)の響きを強くし、変化を作り出しています。
これだけで、F#mキーに転調したととらえるには根拠が乏しいですが、マイナーなコード進行から「不安感」をあおっていて、たった4小節が強烈な分岐点となり後のサビがより強調されています。
えるるん
ここまでのメロディーはペンタトニックで形成されてたけれど、ここではC#7の構成音である『F(ファ)』がメロディに含まれているよ。
Bメロが他と圧倒的に印象が違う理由の一つだね!

2小節目(B7 )

『B7』はセカンダリードミナントで、4小節目の『Bm7/E』にドミナントモーションをとっていると考えることができます。

間に、Bm7があるためツーファイブととらえることもできますが、『B7』の意味合いを考えると、Bm7を通り越してBm7/Eへドミナントモーションしていると解釈すると自然です。

この進行をディグリー表記で表すと『Ⅱ7→(Ⅱm7)→Ⅱm7/Ⅴ』と言えますが、この進行は以前取り上げた「接吻/ORIGINAL LOVE」のサビでも出てきた進行ですね。
参考までにご覧ください。

関連記事

今回はORIGINAL LOVEの「接吻」の楽曲分析をしていきます。 日本テレビドラマ「大人のキス」の主題歌として作られた楽曲で、1990年代を彩った珠玉のラブソングです。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になり[…]

サビ

楽譜サビ2

18小節目(Aadd9)

最後のコードを見ても、この曲がキーAであることがわかりますね。
歌詞を見なくても、何か明るさのある曲だと感じることができます。

最後はAM7でなく煌びやかな『Aadd9』を使用していて、なんとも希望感のあるエンディングになりましたね。

この部分の解釈
サビの歌詞は、冒頭とほぼ変わらないのですが、最後のフレーズだけ『渡す 一粒の永遠を』に代わっていますね。
停滞している曲でなく、物語がゆっくりと前に進んでいることがわかります。
ここまで、「F#m7」に解決することが多いコード進行だったので、どことなく暗さや不安感がありましたが、最後のAadd9で「霧が晴れた」「完結」したような雰囲気を感じることができます。
煌びやかで、明るく、解放感のあるコードを最後の一発まで残しておいて、完結する。
素晴らしく美しい終わり方をしていると感じました。

まとめ

ループした行動進行が中心になりますが、細やかな部分に違いがあり、物語が進行していくイメージを感じることができました。

最近の『星野源』楽曲は、こういったブラックミュージックのエッセンスが強く感じられる一方で、大きく展開するセクションもあり、ちゃんとJPOPの要素も残っていて、上手く混ざり合っていると感じます。

日本人に受け入れられるちょうどいい塩梅の海外感が、星野源の楽曲がと違う決定的な部分なのかもしれません。

音楽サブスク徹底比較!無料期間でたのしもう!

CTA-button