TAG

裏コード

『コード進行の分析ならエルエミュージック』に掲載されている 裏コードの楽曲一覧です。

『er-music.jp』に掲載されている裏コードの楽曲一覧です。

【プラスティック・ラブ/竹内まりや】コード進行と分析

大人的、都会的なサウンドで、現在もリバイバルを起こす日本のシティポップ。 昨今のシティポップブームの中心ともいえるのが、竹内まりやのプラスティック・ラブです。 コード進行を中心に楽曲分析していきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより […]

【POP SONG/米津玄師】コード進行と分析

PlayStationのCMソングとして起用された米津玄師の『POP SONG』。 遊び心あふれるMVに演奏。ダークな世界観の正体をコード進行を軸に分析していきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 >& […]

【エイリアンズ/KIRINJI】コード進行と分析

数々のアーティストからもカバーされる名曲エイリアンズ。ジャジーなコード進行も魅力的でハイレベル、ハイセンスな楽曲です。 どんな意図で作曲されているのか、コード進行から紐解いていきましょう! ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います […]

【一途/King Gnu】コード進行と分析

『劇場版 呪術廻戦 0』の主題歌として書き下ろされた楽曲。 今回はKing Gnuの楽曲の中でも一際荒々しい、ロックナンバー『一途』のコード進行について分析していきます! ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 >> […]

【帰ろう/藤井風】コード進行と分析~悲さと爽さの両立

2020年5月20日にリリースされた1stアルバム『HELP EVER HURT NEVER』に収録されている壮大なバラードナンバー。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 ダイアトニックコードとは? 全体を通して この曲の […]

【何なんw/藤井風】コード進行と分析

今でも伸びるYoutubeの再生回数が、とうとう2,000万回に近づく「何なんw」 タイトルのかわいらしさとは裏腹に、グルーヴィーでごりごりの音楽的アプローチに強いギャップ感を覚える楽曲ですね。 この曲のすごさを、コード進行を軸にひも解いていきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、娯楽の一環としてご覧ください。 […]

【BOY/King Gnu】コード進行と分析

TVアニメ王様ランキングの主題歌であるKing Gnuの『BOY』。 特徴的なコード進行がおおく、聴き慣れない響きにクールさを感じる一曲ですね。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 ダイアトニックコードとは? 全体を通して […]

【夏の午後はコバルト/Awesome City Club】コード進行と分析

夏の午後はコバルトは、テレビドラマ『彼女はキレイだった』のために書き下ろされた一曲です。 楽しげで爽やかさな一曲で、夏を強く感じる一曲ですね。 コード進行から、作曲の意図を考えていきましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思い […]

【アポトーシス/official髭男dism】コード進行と分析

Apple Musicのドルビーアトモスによる空間オーディオのCMで見かける、official髭男dismの『アポトーシス』。 えるるん AppleMusicでは、現在新しい音楽体験「空間オーディオ」を追加料金なしで利用することができます。 詳しくないので表現は難しいですが、「プログラムされた細胞死」を意味する「アポトーシス」という言葉。 避けられない運命のような悲しくも、力強いメッセージ性を感じ […]

【HADASHI NO STEP/LiSA】コード進行と分析

LiSAさんの歌う、ドラマ『プロミス・シンデレラ』の主題歌、HADASHI NO STEPのコード進行を見ていき分析してみましょう。 ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 ダイアトニックコードとは? 全体を通して この曲の情 […]