注目キーワード
  1. 藤井風
  2. official髭男dism
  3. 星野源

【HADASHI NO STEP/LiSA】コード進行と分析

LiSAさんの歌う、ドラマ『プロミス・シンデレラ』の主題歌、HADASHI NO STEPのコード進行を見ていき分析してみましょう。

ここからの内容は、er-music編集部の独自の見解になります。 読者様との解釈に相違がある場合も、考え方の一例、また娯楽の一環としてご覧ください。 また、ダイアトニックコードの理解があるとより楽しめるかと思います。 >>ダイアトニックコードについて

全体を通して

この曲の情報

作詞/作曲/編曲:LiSA/田淵智也/島田昌典(SACRA MUSIC)

キー:D(AメロからキーG)

BPM:132

発売:2021年9月8日

イントロ

イントロ部分はキーDでとなっています。
そのため、最初のコードはトニックDから見たⅡm7です。

楽譜イントロ

3小節目(A/C#→D)

『A/C#』はオンコードで、キーDのドミナントである『A』の長3度のC#がベース音となっている形です。

えるるん
『〇/△』のように書かれるコードをオンコード(分数コード)というよ!
〇がコード、△がベース音を指しているよ!
A/C#にすることで、次のDに半音でアプローチできるようになります。
滑らかなコード進行へとなりますね。

4小節目(B♭→F#(→Bm))

ここでの『B♭』は、Dmキーからのモーダルインターチェンジです。

えるるん
モーダルインターチェンジは近しいモードスケールから一時的にコードを借りてくる手法だよ!

DmキーのⅥであるB♭はサブドミナント(キーDから見たらサブドミナントマイナー)の機能を持ったコードで、Dメジャーキーで使用することで意外性と緊張感が生まれますね。

次の『F#』は、Bmへとドミナントモーションをするためのセカンダリードミナントです。
Bmを一時的にトニックととらえて、そこへ強制力のあるドミナントモーションをするためにドミナントコードに変えた形です。

この部分の解釈
Bmをトニックと見立てると、「サブドミナント(マイナー)→ドミナント→トニック」という動きになっています。
ノンダイアトニックコードが連続していて一見無茶なコード進行に感じますか、セオリーにのっとったスムーズな進行であることがわかります。

5小節目(G#m7-5)

『G#m7-5』は、GM7のベース音だけが半音上がった形になります。
#Ⅳm7-5はトニックの代理コードとして扱われたりしますが、次に進行するのがEm7(サブドミナントの代理コード)なので、同じサブドミナントのGM7までいかずに、いったんG#m7-5を経由していると考えられます。

7小節目(Em7/A→F#m7/B)

『Em7/A(Ⅱm7/Ⅴ)』は、A7sus4と響きが近しいものですが、Em7のままコードが固定されているので、スムーズに進行することができます。

『F#m7/B』は『Em7/A』を全音並行移動した形です。
このコードを起点に転調するので、AメロはGメジャーキーとして始まります。

この部分の解釈
『Em7/A』キーDのドミナントコードなので、Dに進みたい性質を持っています。
全音並行移動した形の『F#m7/B』が、Dの全音上であるEに進みたい性質があるといえます。
AメロはキーG(Em)なので、Eに進みたい動きを利用して転調をしているようです。

 

Aメロ

AメロからはキーGになっています。
そのため最初のコードは、トニックGから見たⅡm7コードです。

楽譜(Aメロ)

4小節目(B♭7(→Am7))

4小節目のコード進行は、『Bm7→B♭7』でAmへと進みます。
この進行から、『B♭7』は裏コードであるといえます。

えるるん
裏コードは、次のコードにすすむドミナントコードと近い響きを持つ代理コードのことを指すよ!
通常のツーファイブワンはその名の通り、「Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ」の進行をとります。
裏コードは次に進みたいコードの♭Ⅱ7なので、「Ⅱ-♭Ⅱ-Ⅰ」のように、半音で下る滑らかな進行に変えることができます。
ここでも、『B→B♭→A』と滑らかになっています。

8小節目(GM7)

キーGと言いながら、ここまでなかなかキーを決定づけるコードが出てきませんでした。

この部分のコード進行は『Am7→D7→GM7
ツーファイブワンで、GM7へと解決する形をとっています。

メロディーや演奏を見ても、ちょうどここでAメロがひと段落します。
そして再度8小節を繰り返していきます。

えるるん
その曲の中で一番落ち着く音が『キー』って考えるとわかりやすいね!

16小節目(E)

メジャーキーのⅥmをメジャーコードに変換する場合はJPOPでもよく見られます。

ここでも、GメジャーキーのⅥmであるEmが『E』に置き換わっていますね。

よくあるパターンとしては、セカンダリードミナントとしてメジャーコードに変換する考え方があります。
その場合は、次のコードはⅡmであるAm(Am7)になるはずですか、ここではCM7になっています。

とはいえ、Am7とCM7は響きが近しい代理コードの関係にあるので、CM7に行っても違和感はありません。

Bメロ

楽譜Bメロ

2小節目(CmM7)

『CmM7』は、M7の響きこそ残っていますがマイナーコードです。
ここでのCmはサブドミナントマイナーといえます。

えるるん
CマイナーキーからⅣm(Cm)のコードを一時的に借用してきたんだね!

4小節目(B♭dim7)

ここでの『B♭dim7』はパッシングディミニッシュです。

えるるん
パッシングディミニッシュは、全音間隔の2つのコードの間に挟むことができるコード!
半音で動く滑らかな進行に変えることができるよ!
B♭dim7の前後のコードも一緒に見てみましょう。
『Bm7→B♭dim7→Am7』
上のように、パッシングディミニッシュを挟むことで半音下降となっています。

6小節目(D#)

ここでの『D#』はモーダルインターチェンジによってCmキーから借用されているコードとみることができます。

ある意味では次のDへ半音下にアプローチするようになっていますので、裏コードととらえることもできるでしょうが、モーダルインターチェンジのよくあるパターンですのでそのように解釈します。

サビ

楽譜サビ

楽譜サビ

1小節目(CM7→D/C)

『D/C』はオンコード(分数コード)で、前のCM7からの流れを考えると、「ベースはCのまま停滞し、コードだけDへ動いている」ことがわかります。

この部分の解釈
次のコード(2小節目)は、Bmですので、ベースがCに残ることでBへの接続が滑らかになっていることがわかります。
ベースの変化が少なくなめらかなため落ち着いた印象が感じられます。

4小節目(D#dim→Em)

ここでの『D#dim』はDとEmに挟まれているので、パッシングディミニッシュであることがわかります。
同時に、Emに対するセカンダリードミナントである『B7』と近しい響きがするため、Emがより際立つマイナーチックなコード進行に感じられます。

6小節目(B♭6)

ここでの『B♭6』はAmに対する裏コードです。
要は、Amに対するドミナントコードE7(9)の代理コードです。

9~10小節目(Em→D#aug→G/D→C#m7-5)

複雑なコード進行のように感じますが、わざわざ分数コードを使ってまでベースを半音下降にしていることがわかります。

えるるん
ベースが『E→D#→D→C#』となっているね!

ここは、実際に楽器で演奏してみるとわかりやすいのですが、変わっているのはルート音だけなのです。
構成音を見てみましょう。

コード名 構成音
Em E,G,B
D#aug D#,G,B
G/D D,G,B
C#m7-5 C#,E,G,B

このように、コードネームこそ変わっていますが、構成音で変化しているのはベース音だけだとわかります。

この部分の解釈
言い換えると、Emのルート音だけを半音で下降させてるコード進行なのです。
コードの1音だけを半音、または全音で変化させていく手法をクリシェと言うのですが、それと同じような進行をしていることがわかります。

歌詞の解釈もしてみよう!

難しいコードや、ベースの動きを重視したコードワークが特徴的でしたね。

今回はコード進行や演奏を中心に楽曲を分析してきましたが、曲を深く理解するには『歌詞』も重要です。

こちらのコズミックムービー様では、HADASHI NO STEPを歌詞の観点で分析されています。

非常に納得させられる内容ですので、ぜひご覧ください。

コズミックムービー

ドラマ「プロミスシンデレラ」主題歌「HADASHi NO STEP」を、LiSAさんが歌っているわけですが、彼女はアップ…

音楽サブスク徹底比較!無料期間でたのしもう!

CTA-button