ピボットコードとは?あの曲のスムーズな転調にも使用されている

曲の解説をするうえで、転調部分で『ピボットコード』といったワードを目にする方も少なくないでしょう。

ピボットコードはスムーズな転調を行う上で重要な概念ですので、転調の話でよく触れられるのです。

ピボットコードとは

ピボットコードとは、ある2つのキーで共通しているダイアトニックコードのことです。
例えば、キーCとキーGでは、『C,Em,G,Am』が共通しているコード(ピボットコード)となります。

ピボットコードの解説画像

転調のきっかけとしてよく使われる

ピボットコードは、転調のきっかけとしてよく利用されます。

転調先と共通のコードであるピボットコードを起点とすることで、違和感少なくスムーズに転調を行うことができるからです。

先ほどのキーCとキーGで考えてみましょう。キーCからGに転調するものとします。
例えば、キーCで『C→Em→F→Am』と進行して、このAmをキーGの2度と見れば、次に『D→G(キーGへ転調)』とするとツーファイブワンでスムーズに転調をはたします。

ピボットコードを利用した転調例

ピボットコードが使われている楽曲例

JPOPでもピボットコードはよく使われますが、最近のアーティストでいうと藤井風さん頻繁に使っているイメージがあります。

『きらり/藤井風』AメロからBメロ

作成:er-music

AメロのキーはD、BメロのキーはFになります。

これは少し応用編。
キーDから見たサブドミナントマイナーであるGmを、キーFのⅡmとみたててスムーズに転調しているのがわかります。
実際に楽器で弾いてみるとわかりやすいですね。